「猫の手も借りたい……」

 仕事が立て込んで目が回るほど忙しいとき、皆さんもそうしたことを思い浮かべたりしないでしょうか?ちなみに筆者の私は、猫の手もですが、某忍者漫画のように「多重影分身の術を習得できれば……」と思ったことが過去何度かあります。

 とはいえ、実際に猫ちゃんが働いているわけないと思いますよね。実はいたんです。

 「ねこですいまからついーとします」

 そうつぶやいたのは、Twitterユーザーのあめさん。アメリカンショートヘアのゾーイくん(5歳)がパソコンに向かっている写真も添えられています。ゾーイくんは何をしてるのかな?画面にはTwitterの入力画面が見えています……Twitter運用代行でもしているのでしょうか?今日はどういった内容?

 「00000000 00000000 00000000、、、、、、、」

 ……猫ちゃんに運用をお願いするためには、まだまだ覚えてもらうべきことがあるようですね。

 というゾーイくんですが、もちろん本当にTwitter運用をしているわけではありません。実はいつもあめさんがゾーイくんのために、動画サイトにて猫用動画を見せているところ、いつしかあめさんがノートPCを開くとやってくるようになったんだとか。

 この日もあめさんが自身のTwitterにてツイートしたところ、たまたまあめさんの上に座ったそうで、それならとのことで実際にTwitterをやらせてみたそうです。
 実際に投稿をしようとしている様子を納めたツイートには3万近いいいねと大反響。さらには、動物好きと見られるとある企業公式Twitter担当のリプも見受けられました。

 そんなゾーイくんを溺愛するあめさんですが、愛するがあまり、オリジナルアイテムを作成・販売するサイトである「SUZURI」にて、ゾーイくんをプリントしたTシャツをこのほど販売開始したとのこと。未来のTwitter運用業猫の活躍に乞うご期待。

<記事化協力>
あめさん(Twitter:@gentlerain0/HP:suzuri.jp/gentlerain0)

(向山純平)