ハンバーグレストラン「びっくりドンキー」が、もはや毎年恒例となっている、400gのハンバーグ「ガリバーバーグ」を使用した「ガリバーバーグディッシュ」と「ガリバーバーグステーキ」を、9月25日〜11月17日までの期間限定で販売しています。

 編集部に送られてきたプレスリリース(報道向け資料)をみた瞬間、これは!と思った筆者。なぜならば肉大好き、ハンバーグ大好き、大盛り大好きの、大食い&肉LOVEライターだからです。同店のメニューで一番の大きさを誇ると言われている「ガリバーバーグ」。これは是非食べなければ!ということで、サクッと発売当日に行ってきました。

 「ガリバーバーグディッシュ」(レギュラー/税別1268円)は、ハンバーグとごはん、サラダが1つのお皿に盛られたワンプレートのスタイル。「ガリバーバーグステーキ」(レギュラー/税別1163円)は、ハンバーグと付け合わせを鉄板で提供。価格は地域や店舗によって異なり、筆者が訪れた新宿靖国通り店では、税別1318円でした。また、2020年はテイクアウトも可能となっています。

 お店に着くと、入口の横に「ガリバーバーグ」のポスターが立てかけられており、お出迎えしてくれました。そして、店内に入り、席に着くと、テーブルの上にはドーン!と、大きな「ガリバーバーグ」のメニューが置かれていました。

 メニューを見てみると、スープセット(税別100円)があり、みそ汁かコーンスープが選べたり、プラス100円(税別)でエッグ・おろしそ・パインが、プラス150円(税別)でチーズ(2本)がトッピングできたりするとのこと。

 さらに、「ガリバーバーグ」には無料の「味変セット」が付き、スパイシーな「ホワイトペッパー」、辛さを追加したい人向けの 「ハバネロソース」、イタリアン風にも楽しめる「粉チーズ」、ハンバーグをとことん味わいたい人にオススメの「追加ハンバーグソース」などで、味変が可能です。これは選択肢がありすぎて、どう食べようか迷ってしまいますね……。

 しかし、そんな人のために、びっくりドンキーの社員さんたちがオススメアレンジの提案もしています。

 プレスリリースによれば、PR担当・井上さんのオススメアレンジは、和の最強定食をイメージした「ガリバーバーグディッシュ(おろしそ)+みそ汁」。「おろしそバーグとみそ汁は、最強の組み合わせですね」とコメントしていますが、筆者は400gのハンバーグを豪快にがっつこうとしているのに、なんとなくヘルシーな感じがして、パンチに欠ける気がする……。(肉LOVE筆者の個人の感想です)

 営業企画担当・横田さんのオススメアレンジは、スパイシーハンバーグをイメージした「ガリバーバーグステーキ(レギュラー)+ホワイトペッパー」。「400gはちょっと多いと感じる人は、ホワイトペッパーをかけて刺激的な味を楽しんで下さい」とのことですが、400gはちょっと多いとまったく感じないので即却下。(肉LOVE筆者の個人の感想です)

 最後、総務担当・池野さんのオススメアレンジは、「ガリバーバーグディッシュ(チーズ)+粉チーズ」。「チーズ味が2種類楽しめるので、楽しく食べられます」とコメントが添えられています。これだ!池野さんとは友達になれそうな気がした筆者。(肉LOVE筆者の個人の感想です。面識は一切ありません)

 店員さんに「ガリバーバーグディッシュ(チーズ)」のご飯大盛(税別90円)を注文しました。

 しばらくして運ばれてきたのは、大盛のご飯が隠れてしまうくらい大きなハンバーグが乗った逸品。思わず「デカッ!」と言ってしまいました。肉汁が溢れていて、見ただけでジューシーと分かりますね。

 ここに、味変セットの粉チーズをふりかけると、チーズの香りが広がり、食欲をそそります。さらに追加ハンバーグソースもかけて、いただきます!

 まずは粉チーズがかかったところを食べると、チーズの風味と肉汁たっぷりのハンバーグが口の中で絡み合い、肉の旨味をチーズが引き立たせていて、美味い!ご飯が無限に食べられそう……。大盛にして良かった。いや、大盛でも足りないかもしれない。

 続いてトッピングのとろ〜りとしたチーズがかかったところを一口。これはチーズの味わいが強く感じますが、ハンバーグも負けず劣らずのボリュームと肉感で、口の中で見事にコラボ。ご飯が止まりません!

 そのため、400gあったハンバーグも、大盛のご飯も、あっという間に完食。ごちそうさまでした!びっくりドンキーの「ガリバーバーグ」、食欲の秋にピッタリのメニューでした。ありがとうございました。

(取材・撮影:佐藤圭亮)