アイドル出身にもかかわらず、歯に衣着せぬ関西弁のトークで大ブレイクしたファーストサマーウイカさん(30)。バラエティー番組の盛り上げ役をはじめ、番組司会やドラマ出演など、多方面で活躍中です。ゲスト出演した「ダウンタウンDX」(日本テレビ系、29日午後10時から放送)の収録後、ブレイクのきっかけやプライベートについて話を聞きました。

――ダウンタウンDXへの初出演はいかがでしたか?

ずっと出たかった番組だったので、うれしいです。これまで何度か出演のお話はあったのですが、生放送のラジオ番組出演とダウンタウンDXの収録日が重なっていたんです。今回はラジオから夏休みをもらって出演させていただきました。ダウンタウンのお二人とは何度もご一緒させていただいているので、「初出演のような気がしない」と言っていただきましたが、実は初めてなんです。

――多くの人がウイカさんを知るきっかけになったのは、2019年1月に出演したバラエティー番組「女が女に怒る夜」(日本テレビ系)でのトークが、元アイドルとの大きなギャップを与えたことでした。

オアシズの大久保佳代子さん、いとうあさこさん、田中みな実さんらが出演されていたんですが、当時所属していたガールズユニット「BILLIE IDLE(R)」(ビリーアイドル)の事務所にお話があって、新人枠のオーディションに参加し、貴重なひな壇の一席に座ることができたんです。それが、初めての単独でのテレビ出演でした。

――そこでしっかり爪痕を残すことができたのですね。それがブレイクのきっかけですか?

そうですね。「いつかバラエティー番組に出られたらいいな」という夢はあったけれど、出るからには、大ケガしようが、失うものは何もないし、「これが最初で最後のテレビ出演かもしれない」という覚悟で、やれることはやってやろうと思っていました。出演後、番組を見てくださった方から数珠つなぎでお話をいただき、いろいろな番組に呼んでいただけるようになりました。

――それからは、大忙しの日々が続いていますね。

去年は、「BILLIE IDLE(R)」の活動と並行して個人の仕事をしていたので、ものすごく大変でした。でも、昨年末にユニットが解散になって、今年に入ってからはお声がけいただいていたお仕事を少しずつやらせていただくことができています。

 ――ブレイク前の活動は?

大阪で舞台役者をやっていました。幼少期から「ステージ」という空間が好きで、物心ついたときから演劇を積極的に作っていました。面白そうなもの、エンタメであればジャンルはなんでもよくって、中高では吹奏楽部やバンドで音楽にのめり込んでいました。芝居に再び目覚めた高校卒業後、18歳で劇団に入り、4年で20本近くの作品に出演していました。声優の学校にも一瞬だけ通いました。

学生時代から数々オーディションを受けていたんですが、だいたい書類で落ちる(笑)。事務所にも入れず、劇団だけで活動を続ける中で「さらにステップアップしたい」という思いが高まり、満を持して22歳の春に上京しました。電話営業のOLで貯めた上京資金100万円を持って、何のアテもないけど、とりあえず行きゃなんとかなるだろうと(笑)。

上京後、家賃4万2千円のワンルームに住んで、特にやることもなくゴロゴロしていた時、アイドルグループ「BiS」の新メンバー募集のツイートを見つけて。正直アイドルは全く知識もなかったのですが、avexのメジャーアイドルだったし、全員面接だったし、何より「面白そうだな」と思ってオーディションに行きましたね。

アイドルになってからは、ハードスケジュールながらもあまりお金が無く、みるみる痩せていってたので、心配したファンの方からの差し入れでお米5キロや缶詰などいただいたりしてました。ライブハウスから持ち帰るのが大変で(笑)。でも当時は本当にありがたかったですね。