多くの若い女性が持つ「やせ願望」。日本の20代女性の5人に1人は「やせすぎ」で、妊娠・出産を通じて、その悪影響が子供にも及ぶのではと心配する声もありますが、なかなか当事者にはその声が届かないようです。読売新聞の掲示板「発言小町」には、「彼氏からやせろと言われる」という女性からの投稿がありました。美しく見えるための理想体重を指す「シンデレラ体重」という言葉も生まれた今、女性たちの「やせすぎ」を食い止めるにはどんな対策が考えられるのか、専門家に聞きました。

トピ主「ゆゆゆゆこ」さんは、身長156センチの小柄な女性。1年前は、体重が46キロでしたが、彼氏から冗談で「細ければ細いほどいい」と言われたこともあり、ダイエットをした結果、今では41キロまで落としました。それなのに、彼氏は「もっと体を引き締めたら」などと、さらなるダイエットを要求してくるそうです。

もやもやした気持ちのまま、「男の人は自分の理想のようになってほしいと思うのが普通なのでしょうか? 私はその理想に合わせるべきなのでしょうか? アドバイスよろしくお願いします」と発言小町で呼びかけました。

この投稿に20件を超える反響がありました。そのほとんどが、「あなたはやせすぎです。そんな彼とは別れましょう」という意見です。

「自分で41キロのからだを見てどう思いますか? モデルや芸能人とは違うのですよ。健康を害するのでもうダイエットをやめてください。そして彼とも別れましょう」(「ピーナッツ」さん)。

「私も同じBMI(体格指数)なのでわかります(私は食べてもどうしても太れない体質です)。『ドクターストップがかかって、太れと言われた。これ以上やせたら、メンタルクリニックに通うことになる』と彼に言ってみてください」(「ふうこ」さん)。

「まだやせろってのは体重30キロ台になれっつうことですか? 私の娘が体重30キロ台になったら急いで病院に連れていきますし、それが彼氏の指示だと分かったら旦那連れて彼氏に談判しに乗り込みますね」(「メメシス」さん)。