外出自粛でメイクをする機会が減り、肌がきれいになるかと思いきや、逆ににきびや吹き出物が増えて悩んでいる人が少なくないようです。何が原因なのか、「よしき皮膚科クリニック銀座」(東京)院長の吉木伸子さんに話を聞きました。

自宅では、肌を休めようとすっぴんで過ごしているし、マスクもしていない。ほとんど外出しないので紫外線も浴びていない――。肌への負担がこんなに少ないのに、なぜ肌が荒れてしまうのでしょうか。

「肌に何も塗らないことが、かえって肌トラブルを起こしているおそれがあります」と吉木さんは指摘します。

吉木さんによると、肌の表面は、皮脂で覆われることで潤いを保っています。皮脂は、サラダ油のような液体ではなく、常温(15度前後)だとバターのような半固形の状態。バター状の皮脂で肌が覆われている時には、皮脂の分泌は穏やかになります。

ところが、気温の上昇などで皮脂がバター状から緩むと、それを察知した皮脂腺から大量の皮脂が分泌されます。皮脂が過剰な状態になった結果、にきびや脂漏性皮膚炎を引き起こしやすくなるのだそうです。

暖かい日が増えてきた今の季節は、まさに皮脂が分泌されやすい気候。皮脂の増加による肌トラブルを抑えるために、吉木さんは「部屋でも毎日ファンデーションを塗ること」をすすめます。

肌を覆うファンデが半固形の皮脂の代わりとなり、皮脂の分泌を抑えるといいます。ファンデには、余分な脂を吸収したり、肌の乾燥を防いだりする機能もあります。

吉木さんのおすすめは、パウダーファンデ。リキッドファンデは肌への負担が大きいものもあるので、避けた方が良いそうです。BBクリームでも大丈夫。さらに、「部屋の中にいるといっても、カーテンを通して紫外線は入ってきます」。UVカット機能のあるアイテムであれば、紫外線によるダメージも防げます。クレンジングは、肌に必要な皮脂まで落としてしまうので、洗顔料だけでオフできるファンデであれば、なお良いそうです。