みなさん、こんにちは! ファイナンシャルプランナーの高山一恵です。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、お給料が大幅に減ってしまった……という働き女子も少なくないのではないでしょうか? 残念ながら、新型コロナは短期間では終息せず、長期化する様相を呈してきました。そこで、本格的にやってくるであろう“コロナ不況”に備えて、やっておきたいお金のことについてお話しします。

新型コロナの影響が長期化することを踏まえて、まず、取り組みたいのが「家計の見直し」です。

現在は、外出自粛やテレワークを実施していることもあり、自宅にいる時間が大幅に増えています。その影響で、働き女子の皆さんの中にも、家で食事をする機会が増え、その結果、食費が大幅に増えているという方が多いのではないでしょうか。加えて、マスクやトイレットペーパー、消毒液など、衛生用品や日用品の出費も増えているという方が少なくないようです。また、巣ごもりが続くことで、動画配信サービスに新規加入したり、書籍やゲームを買い込んだりといった、巣ごもり生活を楽しむための費用も増加傾向にあるようです。

一方、レジャー施設は軒並み休館、デパートや飲食店に加えて、多くの美容院やマツエク店も休業という状態ですから、「レジャー費」や「交際費」「美容費」などは大幅に減っているのではないでしょうか。

現在は平時とは違うので、いつもと違う家計状況になっていると思います。まずは、何にどれくらいお金を使っているのか把握することが大切です。

全体的に支出を把握できたところで、今度は「生きていくために必要な衣食住の基本生活費」と「趣味やレジャーなど生活を豊かにするための費用」に分けて集計してみましょう。さらに、今後1年以内にまとまった出費があるイベントを控えている場合には、「いつ」「いくらかかるのか」を把握しておくことも大切です。

今後は、収入を増やすことが難しい状況がしばらく続きそうですから、現状を考慮しながら、「基本生活費」と「生活を豊かにするための費用」がそれぞれ、どのくらいまで削減できるのか、精神的な満足度も考慮して、現実的な数字を考えておきましょう。