外出自粛のため一人で過ごす時間が長くなり、寂しさや不安感を募らせている人が増えているようです。イベントサイト運営会社「リンクバル」(本社・東京)が行った調査では、未婚男女の9割が、外出自粛を始めてから寂しさを感じていることが分かりました。こうした心理がパートナーを求めさせるのか、「オンライン婚活」の人気が高まっています。どんなサービスがあるのか取材しました。

20歳以上の未婚男女408人を対象に、リンクバルが先ごろ行った調査では、「外出自粛をしてから寂しいと感じている」人が、89%に上りました。さらに、88%が「外出自粛でストレスを感じている」と回答。理由として、「一人暮らしで寂しい、恋愛活動できない」(30代女性)、「人とリアルに接する機会がなくて寂しい」(30代男性)といった声が寄せられました。

外出自粛が続いて一人の時間が長くなり、人とのつながりを求めている人が多いことが、調査によって明らかになりました。

外出が難しい中でも男女の出会いの場を提供しようと、新しいサービスも登場しています。

リンクバルは、ビデオチャットサービス「V BAR(ブイバー)」を開始しました。ビデオ通話を使って、合コンや飲み会などを開くサービスで、100人規模の飲み会や、同じ趣味を持つ人が集まる「趣味コン」など、常時200件ほどのイベントが用意されています。事前にチケットを購入すれば、好きなイベントに参加できます。

同社広報の出来千春さんによると、3月下旬にサービスを始めて以来、一つのイベントに土日には200人ほど、平日でも毎日50〜100人ほどの男女が参加するとのこと。人気の理由は、大規模の飲み会であっても、少人数でゆっくり話せるからだといいます。

大人数でビデオ通話をすると、会話が重なったり、同じ人ばかりが話したりと、コミュニケーションが難しくなりがちです。ところが、「V BAR」では、一つのイベントで4人ずつのルームをいくつも作り、途中で他のルームに移れるので、多くの人と知り合いつつ、気になった人とゆっくり話すことができるのです。

エウレカ(同)が手がける国内最大級のマッチングサービス「Pairs(ペアーズ)」でも、マッチングアプリ内のメッセージのやりとりが外出自粛前と比べて15%ほど増えるなど、ユーザーの動きが活発になっているそう。出会った後もやりとりをつなげてもらおうと、4月20日には「ビデオデート」機能を追加。ビデオ機能を「レストラン」に見立てたユニークなサービスで、気になった相手を誘ってレストランを予約すると、ビデオチャットが始まりデート気分を味わえます。