新型コロナウイルスの影響で緊急事態宣言が延長され、外出自粛が続いています。飲食店や娯楽施設の休業でデートの場所もなく、「3密」回避で手をつないだり触れ合ったりしづらくなったカップルたち。読売新聞が運営する掲示板「発言小町」には、「このままでは自然消滅になってしまう」「コロナのせいで破局かも」と切実な声が相次いでいます。こんなとき2人の愛を深める方法はあるのでしょうか。

「コロナで恋愛が冷めた」

4月7日に初めての緊急事態宣言が出される前から、恋人たちは厳しい状況に置かれていたようです。「コロナでしばらく会うのをやめようと言われました」とトピ主「まなたんぺ」さんが投稿してきたのは、4月1日。それまでは週1回ペースで会ってきたのに、彼から「家族とか周りにうつったら困る。しばらく遊ぶのをやめよう」と言われました。そのときは「いつまで?」と聞くのも不謹慎な気がして、言葉にできませんでした。電話だけは毎日しているものの、このまま自然消滅になってしまうのではないかと不安で、「私はどういう心持ちで彼と向き合えばいいのでしょうか?」と問いかけました。

「コロナで恋愛が冷めた」というタイトルで悩みをつづったのは、18歳の女性「柚」さん。3〜4か月前から一緒に旅行するなど、良い関係を続けていた男性と正式にお付き合いをする寸前でした。ところが、コロナの影響で会えなくなり、電話で「付き合いたい」と伝えても、男性は「気持ちが薄まった」と返事。「会えなくても、自分は好きなのになぜ」と割り切れない思いの柚さんは、この男性に気持ちを確かめる発言をしたり、ちゃんと話し合いたいと迫ったり、泣いてしまったり……。あきらめきれず、「今の私がやるべきことは何か、知恵を貸していただけませんか」と意見を求めました。

今年3月に彼ができたという25歳の女性「ごん」さんは、コロナの外出自粛要請を受け、この2週間、彼と会っていないそうです。LINEで連絡を取り合っているのですが、彼の言葉をネガティブにとらえたり、既読無視で返事が来なかったりするため、「正直、彼の行動が理解できない」と困っています。「このあとどう対応すればいいですか」とアドバイスを求めています。