シリーズ第6作(にして、そのパート3〜5を一挙になかったことにするという)、『ニュー・フェイト』がやってくる『ターミネーター』。1991年の『ターミネーター2』以来、28年間シリーズに背を向けてきた監督ジェームズ・キャメロンが製作を務め、同じく主演女優リンダ・ハミルトンが満を持して復帰する。おなじみアーノルド・シュワルツェネッガーが続投、ここに黄金の布陣がついに再結集を果たした。そのうえでまったく新しい物語が始まるというから、今度こそはついにと期待してしまう。そう思うのは自分だけではなかろうからとりあえず劇場に足を運んでいただくとして、今回は公開を機に、シリーズの歩んだ歴史を(主に前半2編を中心に)振り返っていきたい。

『T2』の“正統な続編”、最新作の見どころ

すでにご存知の方は多いことと思うが、最新作『ターミネーター:ニュー・フェイト』は『ターミネーター2』から直接繋がる、公式曰く“正統な続編”なのだという。『ターミネーター3』(03年)、『ターミネーター4』(09年)、そして『ターミネーター:新起動/ジェニシス』(15年)をこの際丸々なかったことにしてまったく新しい物語が幕を開ける今回。

最近の超大作は概ねそうだが、ここで少しでもその内容について触れると盛大にネタを割ることになってしまうので自粛したい。少なくとも言えるのは前作、つまり『T2』で人類の滅亡を防いだサラ・コナーとその息子ジョンが今回揃って再登場するということだ。しかし前回溶鉱炉に姿を消して、全世界の観客を泣きに泣かせたシュワルツェネッガーのターミネーターまで再登場するのはいったいどういうことだろう。そうしたおなじみの要素に加え、今回はさらに最新殺人マシーンREV-9(ガブリエル・ルナ)、およびこれを追って未来からやってくる謎の戦士グレース(マッケンジー・デイヴィス)、そして新たな物語の鍵を握る女性ダニー(ナタリア・レイエス)ら、新たなキャラクターも大挙登場。特に『ブレードランナー2049』(17年)も印象深かったデイヴィスの、身体を張ったヤケクソの大活躍が素晴らしい。

『デッドプール』(16年)をまとめ上げた監督ティム・ミラーがたしかな手際を見せる今回、ここから新たなサーガが続くかどうかは何しろ世界中の観客にかかっているので、ぜひ劇場に足を運んでいただきたい。

シリーズの原点、1984年の第1作

という『ターミネーター』シリーズについていまさら改めて紹介するのも若干気が引けるが、念のためにその第1部をおさらいしておこう。1作目の舞台は1984年。2029年の未来から時間を超えて、二人の男が現代にやって来る。二人の男、というのはじつは正確ではない。一人の男と、1体のアンドロイド。後者の狙いは84年のロサンゼルスで生活する女性、サラ・コナーを抹殺すること。人間の男、カイル・リースの目的は、コナーを殺人アンドロイドことターミネーターから守り抜くことだ。

現代を生きる人々には知る由もないことだが、2029年の時点で人類の文明は崩壊している。すべては1997年8月29日、防衛システムとして作られた人工知能、スカイネットが自我に目覚めた瞬間に始まった。人類を地球に対する最大の脅威と判断したスカイネットはその殲滅を決定。その日のうちに人類に向けた全面核攻撃を開始し、瞬く間に文明社会は滅び去った。

わずかに生き残った人間たちは反乱軍を組織。レジスタンスは徐々にその勢力を拡大し、2029年にはついにスカイネットを敗北の一歩手前まで追い込むことに成功する。この抵抗軍を率いた男の名前がジョン・コナー。1984年のロサンゼルスで命を狙われることになる女性、サラ・コナーの息子だった。劣勢に追い込まれたスカイネットはこの際、反乱軍のリーダーをその誕生前に抹殺すべしと決め、過去に遡って実の母を抹殺する決定を下したのだ。

『ターミネーター』(Blu-ray・DVD 発売中) ©2014 Metro-Goldwyn-Mayer Studios Inc. All Rights Reserved. Distributed by Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC.

かくしてLAに住む同姓同名の人物を一人ずつ、着実に始末して回る殺人マシーン、ターミネーター。サラ・コナーその人としてみればいったい何が起こっているのかさえも分からない。だが信じられないほど屈強な男が、銃で撃たれても車で撥ねられても、そのたびに立ち上がって追いかけてくる。こうして絶望的な逃避行が始まった…。

低予算にあえいだ第1作、シュワ起用の裏話

1984年の『ターミネーター』第1作はじつにシンプルなSFアクションだった。死んでも死なないロボットに主人公が追い回されるという展開にはホラー映画の趣もある。監督ジェームズ・キャメロンにとっては、これが事実上のデビュー作だった。製作途中で監督を降板させられたイタリア映画『殺人魚フライングキラー』(81年)の現場から這々の体でLAに帰り、住むところもなく転がり込んだ友人宅で捲土重来となる新作の企画を練った。その時、キャメロンの脳裏に浮かんでいたのは、ローマで腹を壊して寝込んでいた際に見た悪夢だった。銀色に光る殺人ロボットが、包丁を握りしめて自分を殺しに来る…。このイメージに可能性を感じ取った盟友の若手プロデューサー、ゲイル・アン・ハードは資金調達に奔走。何とかオライオン映画との配給契約を取り付けた。

しかしオライオンは、若手のプロデューサーと無名監督にわずか400万ドルのみを提示。それ以上は何もしないと言い切った。ハードの粘り勝ちで何とか650万ドルまで予算は増えたものの、キャメロンの思い描いたヴィジョンを余すことなく実写化するには到底足りない低予算だった。

とはいえ自身の企画を映画として世間に叩きつける、そのミッションにキャメロンは燃えた。カネは出さないが口は出す映画会社は殺人マシーン、ターミネーター役に元アメフト・スーパースターであったO.J.シンプソンを、主人公を守るカイル・リース役にはアーノルド・シュワルツェネッガーを推してきた。O.J.はもちろんのこと、『コナン・ザ・グレート』(82年)で映画界に殴り込んできた後者も、キャメロンにとってはまずあり得ないキャスティング案だった。会社の執拗な要請でやむを得ずシュワルツェネッガーに会ってみた監督の心の中で、しかし何かが閃いた。もともとターミネーター役には中肉中背、むしろ痩せぎすな俳優をイメージしていた(86年の監督作『エイリアン2』で、アンドロイドのビショップを演じたランス・ヘンリクセンが最初の候補だった)。それでも自分の前に姿を現した、このボディビル上がりのオーストリア人のものすごい身体と、さらにものすごい顔つきはいったいどうだ。

シュワルツェネッガーもまた、本作に関してそこまで乗り気ではなかった。『コナン〜』でスターダムに躍り出た本人としてみれば花も実もある役がやりたくて仕方ないわけで、台詞がちょっとしかない殺人ロボ役には疑問しかなかった。だがシュワルツェネッガーは持ち前のサービス精神と生真面目さでもってターミネーターについて思うところを延々喋り続け、キャメロンも思わずそのすごい顔をスケッチし続けた。このどうにも人間とは思えない男が、地獄の底まで追いかけてきたとしたら…? ジェームズ・キャメロンの心は決まっていた。その後、熱心にシュワルツェネッガーを説得し、この“オーストリアの巨木”がついに静止不能の殺人マシーンを演じることに決まった。

『ターミネーター』(Blu-ray・DVD 発売中) ©2014 Metro-Goldwyn-Mayer Studios Inc. All Rights Reserved. Distributed by Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC.

そこからの歴史は誰もが知る通りだ。つねに低予算にあえぎ、主要な場面はほとんどすべて真夜中のLAでゲリラ撮影したという『ターミネーター』。108分のタイトな尺で、シュワルツェネッガーという圧倒的な暴力と人類の滅びという運命にひたすら抗うサラ・コナー(リンダ・ハミルトン)とカイル・リース(マイケル・ビーン)のドラマを描ききった。配給会社オライオンがまともなプロモーションを打たなかったために爆発的な大ヒットこそ記録しなかったが、その後、ビデオソフトが発売されるにつれて映画は評判を呼び、全米で、そして世界中で知らない者のない作品へと成長していった。

第2作はすべてがスケールアップ

そして1991年、満を持して公開された『ターミネーター2』。前作で暴力の権化として猛威を奮ったターミネーターT-800が、今回は善玉として再登場。サラ・コナーの息子ジョン(エドワード・ファーロング)の命を狙う最新ターミネーター、T-1000(ロバート・パトリック)と血で血を洗う大抗争を繰り広げる。第一部では何も知らぬまま逃げ回っていたサラ・コナーもいまや完全に覚悟を決め、人類の生存のために命を捨てて戦う。

製作費1億ドル(オリジナルの約15倍)が投じられたというこの『T2』。これは基本的にはジェームズ・キャメロンが第1作でやろうとして、さまざまな制約で果たせなかったあれこれをすべて投入した、これぞ本当の『ターミネーター』というべき作品ではある。液体金属の身体を持ち、自由にその姿を変えるT-1000。この新たな殺人マシーンを、しかしキャメロンはもともと第1作に投入する予定だった。2体のターミネーターという構想はすでに存在したものの、予算と、何より技術が追いつかず、変幻自在のT-1000の登場は見送られた。若い映画作家がかつて限られた条件で描かざるをえなかったものを、もう一度潤沢な予算でもってやり切る…。例えばサム・ライミの『死霊のはらわた』(81年)と『死霊のはらわたII』(87年)の関係にも似た、いわばセルフリメイクともいうべき作品だ。アクションも特殊技術も、そしてドラマも。何から何まで極限までスケールアップした映画でもって、キャメロンは自ら創造した『ターミネーター』サーガを、ここで描き切った。どうにも避けられない人類の滅亡という運命でさえ、見事に回避されてしまう。思えばシリーズは本作でもって完全に終わっても良かったのかもしれない。

しかし世間がそれを許さなかった。これ以上語るべきストーリーはない、とキャメロンが離脱した後でも『ターミネーター3』、『ターミネーター4』、そして『ターミネーター:新起動/ジェニシス』とサーガは続いてきた。それぞれの作品について魅力を語るとすれば、もう1回このコラムのスペースをいただかなければならない。世間が、あるいはシリーズの創業者キャメロンが何を言おうと、これらはいずれも独自の魅力に溢れた、ファンにとってはかけがえのない映画たちだ(『T3』に関してだけでも、少なくとも2回分の文字量をいただきたいと思う)。

『T4』と『〜ジェニシス』はそれぞれターミネーター物語の仕切り直しを図り、そして叶わなかった不遇の作品でもある。そうしたあれこれをこの際すべて無効化して、『ターミネーター2』の正当な続編を謳う『ターミネーター:ニュー・フェイト』。本当に過去をなかったことにできるかどうか。ここから始まる新たな世界線とは、いったいどのようなものなのか。開始から35年、かくなるうえは『ターミネーター』にとことんまで付き合うしかないのである。

文/てらさわホーク

公開情報 『ターミネーター:ニュー・フェイト』

メキシコシティの自動車工場で働く女性ダニー(ナタリア・レイエス)が弟とともにターミネーター“REV-9”(ガブリエル・ルナ)に襲われる。彼女たちを守ったのは、同じく未来から送り込まれた強化型兵士のグレース(マッケンジー・デイヴィス)だった。かろうじて工場から車で脱出するダニーたち。執拗に追いかけてくるREV-9をハイウェイで待ち構えていたのは、サラ・コナー(リンダ・ハミルトン)だった。ターミネーターを宿敵として人生を送ってきた彼女はREV-9とも死闘を繰り広げる。そしてサラは、誰かからターミネーターに関する謎のメールが届くと告白。グレースはその発信元がテキサス州エルパソだと突き止め、3人はメキシコからの国境越えを決意する。エルパソでサラやダニーを待っていたのは、あの男だった――。
製作:ジェームズ・キャメロン
監督:ティム・ミラー
出演:アーノルド・シュワルツネッガー、リンダ・ハミルトン、マッケンジー・デイヴィス、ナタリア・レイエス、ガブリエル・ルナ、ディエゴ・ボネータ
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
公開中
© 2019 Skydance Productions, LLC, Paramount Pictures Corporation and Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.
公式サイト:foxmovies-jp.com/terminator/

DVD情報 『ターミネーター』

Blu-ray:1905円(税抜) DVD:1419円(税抜)
発売中
20世紀フォックス ホーム エンターテイメント ジャパン
©2014 Metro-Goldwyn-Mayer Studios Inc. All Rights Reserved. Distributed by Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC.