2017年に第122回文學界新人賞、第157回芥川賞を受賞した沼田真佑の小説『影裏』を、『るろうに剣心』(12・14・20年)や『3月のライオン』(17年)などの大友啓史監督がメガホンを執り実写映画化。主人公の今野を綾野剛、今野と親しくしながらも突然姿を消す謎の多い男・日浅を松田龍平が演じている。「日浅はあまり感情を表に出す人ではない」という役柄についてや、共演の綾野剛とのエピソード、忘れられない家族の言葉などを語った。

思い描いてきたことを一旦捨てて臨んだ撮影

──最初に台本を読まれた時に、日浅というキャラクターに対してどのような印象を持ちましたか?

日浅が自分について語ることはほとんどなくて、彼と交流のあった人たちが「日浅はこういう人だった」とか「じつは日浅とこんなことがあった」と語っていくことで日浅というキャラクターが形作られている、そんなふうに台本を読んだ時に感じました。それによって“謎が多い人”という印象を受けましたし、そこにとらわれながら演じるというのはすごく難しいなと思いました。

──いろんな人が語る日浅という人物を、どのように作り上げて演じていかれたのでしょうか?

周りの人たちが語る場面が多いということは、情報が多いということでもあって。それを自分なりに「日浅はこうなんじゃないか」と考えて撮影現場に行くんですけど、いざ演じてみると、それがあまりうまくハマってないなと感じてしまったんです。やはりクランクイン前に台本を読んで思い描いていたのと実際に撮影するのとでは違うんですよね。ロケ撮影だったら風景によっても変わってきますし。それならば一旦、自分が考えてきたものをすべて捨てて、感じるまま、自分の気持ちの向くままに演じてみようと。その感覚を信じてやるしかなかったです。

──感じるまま、気持ちの向くままに演じてみていかがでしたか?

気持ち次第で見ている景色がガラッと変わるので、演じている間は日浅がどういう役で、『影裏』がどういう作品になるかといったことはあまり考えなかった、というより、考える余裕がなかったように思います。

日浅を象徴する台詞、関係性を表すシーン

──なかなか実態の掴めない日浅ですが、夜釣りのシーンで今野に「人を見る時は、影の一番濃いところを見るんだよ」と言った瞬間に、少しだけ日浅の根っこの部分がわかったような気がしました。

たしかに僕もあの台詞は、日浅を象徴しているように感じました。それにどういう人物なのかが少しだけ見えるシーンでもありますよね。でも、だからといってあの台詞にそこまで意味を持たせなくてもいいんじゃないかとも思ったんです。なぜならあの台詞の前後が大事であって、今野との関係性を表す台詞のひとつに過ぎないからです。

──あの台詞をとくに意識するというわけではなく、あくまでもシーンの中の台詞のひとつとして受け止めてらっしゃったのですね。

そうですね。あのシーンではないのですが、今野のとある行動によって二人の関係性やお互いの気持ちが見えてくる場面があるので、僕はそこが一番重要なのではないかと感じていて。日浅はあまり感情を表に出す人ではないので、シーンごとにどういう気持ちなのかを考えながら演じていました。だから先ほどおっしゃった台詞も、日浅の感情を探ったうえで、“シーンが締まる台詞”というぐらいの感覚で言っていたと思います。

綾野剛との共演、撮影現場での印象

──綾野剛さんと共通のご友人を介してプライベートでお会いになったことは?

あります。ある日、フラッと僕の家に遊びに来てくれたこともありましたね(笑)。

──なんとなく日浅っぽいですね(笑)。

たしかに(笑)。自分が興味のあることに対してものすごく正直なタイプなのかなと。フットワークが軽いというか、“おもしろい”と感じたらすぐ行動に移せるんですよね。興味を持てるか持てないかのジャッジが早いんだと思います。

──そんな綾野さんと本作で共演されていかがでしたか?

テキパキと動いて自分のやりたいことを明確にしている、という印象を受けましたね。もともと彼に対してすごくしっかりしているイメージを持っていたので、役に関しても事前にしっかりと作り込んでくるタイプなのかなと思っていたんですけど、現場ではつねに敏感にアンテナを張って、撮影中に起きたことからちゃんと影響を受けながらお芝居をしていた印象があります。でも、カットがかかった途端にいつも通りの綾野くんに戻ってるんですよ(笑)。器用でもあるけど影響を受けたことには正直に反応できて、自分の役のことをすごく引いたところで見ているんじゃないかなと思いますね。

──そんな綾野さんに対して、撮るシーンによっては待ち時間などで距離の取り方を変えることもあったのでしょうか?

とくにシーンごとに何かを変えるということはなかったですね。先ほどお話したことにも通じるんですけど、台詞に意味を持たせすぎないのと一緒で、シーンがどうというよりは、共演者や監督、スタッフさんや現場の風景、そういう全体のムードみたいなものを感じることのほうが大事というか。

──日浅は何があってもいつもと変わらない、ということも松田さんにとっては大きかったのかもしれませんね。

それもありますし、日浅は今野だけを見ているわけじゃないので、結局のところ「この人は何を考えているんだろう?」という印象を受けますよね。それは演じるうえで大きかったかもしれないですね。

忘れられない祖母からの言葉

──今野は日浅と出会ったことで釣りが好きになるなど、さまざまな影響を受けますが、松田さんが大きな影響を受けたと思う人はいますか?

周りにいるいろんな方から影響を受けているんじゃないかなと思います。現場での話になりますが、自分の気持ちをどこに置いて何を見るか、自分がいまどこにいて、目の前にいる人はどこにいるのかということを感じながら生きていたら、自然と影響を受けざるをえないというか。そういう意味では、監督やスタッフさんも含めて、いろんな人から影響を受けていると言えると思いますね。

──これまでいろんな方とお仕事されていますが、そういった方々から言われた言葉で大事にしているものはありますか?

昔、祖母に「嘘は絶対についたらダメ!」と言われたことがあって。でもその時は、僕はまだ子どもだったから「ついていい嘘もあるでしょ?」と言い返したんです。子どもながらに“相手を傷つけないための嘘”があることを知っていたから言ったんですけど。それでも祖母は「絶対に嘘はダメ」と言ってましたね。とても印象に残っていて、その言葉はいまでもたまに思い出しますね。

取材・文/奥村百恵
撮影/三橋優美子

プロフィール松田龍平(まつだ・りゅうへい)

1983年生まれ、東京都出身。『御法度』(99年)で新人賞を総なめし、『青い春』(02年)で注目を浴びる。『舟を編む』(13年)で日本アカデミー賞最優秀主演男優賞をはじめ多くの賞を受賞。主な出演作に『劔岳 点の記』(09年)、『まほろ駅前多田便利軒』シリーズ(11・13・14年)、『北のカナリアたち』(12年)、『探偵はBARにいる』シリーズ(11・13・17年)、『ジヌよさらば〜かむろば村へ〜』(15年)、『モヒカン故郷に帰る』『ぼくのおじさん』(16年)、『散歩する侵略者』(17年)、『羊の木』『泣き虫しょったんの奇跡』(18年)など。本作で、第2回海南島国際映画祭・最優秀俳優賞を受賞。

公開情報 『影裏』

今野(綾野剛)は、転勤で移り住んだ岩手で日浅(松田龍平)に出会う。慣れない地でただ一人心を許せる存在の日浅だったが、ある日、突然姿を消してしまう。日浅を探し始めた今野は、彼の父に捜索願を出すことを頼むが、なぜか断られてしまう。そして見えてきたのは、これまで自分が見てきた彼とはまったく違う別の顔。ともに時を過ごしたあの男の“本当”とは――?
原作:沼田真佑『影裏』(文春文庫)
監督:大友啓史
脚本:澤井香織
出演:綾野剛 筒井真理子 中村倫也 平埜生成 / 國村隼 / 永島暎子 安田顕 松田龍平
音楽:大友良英
配給:ソニー・ミュージックエンタテインメント
配給協力:アニプレックス
2020年2月14日(金)公開
©2020「影裏」製作委員会
公式サイト:https://eiri-movie.com

書籍情報 『影裏』沼田真佑/文春文庫