1917年、第一次世界大戦時のヨーロッパ戦線で、味方の兵1600人の命を救うため、伝令を運ぶ命を受けた二人のイギリス人兵士。最前線を駆け抜ける彼らは、決死のサバイバルを強いられる…。『アメリカン・ビューティー』(99年)のアカデミー賞監督サム・メンデスが、全編をワンカットでつなぐという野心的な手法で生み出した『1917 命をかけた伝令』。ゴールデングローブ賞(ドラマ部門)の作品賞に輝き、全米映画賞を賑わせたのも記憶に新しい、この注目作の見どころに迫る。

観客も塹壕に押し込められた兵士の一人に!

第一次世界大戦が激化していた1917年、劣勢のドイツ軍は撤退を装い、連合軍を誘引して圧倒的な兵器力で逆襲に転じる作戦を実行しようとしていた。それを知った連合軍側は、すでに進軍している大部隊1600名を救うべく、二人の若きイギリス人兵士スコフィールドとブレイクに、翌朝に実行される軍事作戦の中止の伝令を託す。『1917 命をかけた伝令』で描かれるのは、そんな彼らの奔走の物語だ。

歴史を背景にした戦争映画ではあるが、中身はサム・メンデス監督が、伝令兵だった祖父から聞いた話に基づくフィクションで、歴史や戦争の知識がなくても楽しめる。塹壕から平原へ、死体の転がる戦地からさらに前線へ、昼から夜へ。スコフィールドとブレイクは銃弾や砲弾にさらされ、危険をかいくぐりながら任務のためにひた走る。主人公たちがどれほど過酷な体験をし、どのようにサバイバルを繰り広げるのか? 本作のおもしろさは、極限下に置かれた彼らの奔走に焦点を絞った、並々ならぬスリルにある。

もっとも話題を呼んでいるのは、全編をワンカットでつなげるという野心的な映像表現だ。カットの切り替えがなく、一台のカメラでずっと追い続けている、そんなドキュメンタリーのようなビジュアル。これは2014年のアカデミー賞受賞作『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』でも用いられた手法だ。本作では、メンデスとは『007/スカイフォール』(12年)以来のタッグとなるベテラン撮影監督ロジャー・ディーキンスが、この撮影に取り組んだ。兵士たちの背中を追いかけ、なおかつ状況を的確に切り取った映像は、観客を戦場の真っただ中に放り込む。そんな並々ならぬ臨場感が、本作の最大の注目ポイントでもある。このワンカット撮影については、詳しく後述する。

キャストで目を引くのは、観客に奔走を体感させる主人公たちを演じた、『はじまりへの旅』(16年)のジョージ・マッケイと、『ゲーム・オブ・スローンズ』のディーン=チャールズ・チャップマンというイギリスの若手俳優二人。とにかく走り回るのだから肉体的な演技は必然的だが、危機感や切迫感、使命感を伝える表情もよく、まさに熱演。また、出番はわずかだが『英国王のスビーチ』(10年)のコリン・ファースや『ドクター・ストレンジ』(16年)のベネディクト・カンバーバッチ、『キック・アス』(10年)のマーク・ストロングといった英国の実力派アクターたちが上官役で出演。彼らの存在感がドラマを引き締めている点にも注目したい。

ドラマと映像にこだわる名匠サム・メンデス

監督のサム・メンデスはテビュー作『アメリカン・ビューティー』でアカデミー賞を受賞して以来、ハリウッドでも尊敬される名匠として知られており、本作でも同賞にノミネートを受けた。映画界に入る以前は本国イギリスの演劇界で演出家としてキャリアを重ね、多くの賞を受賞。その舞台を見たスティーヴン・スピルバーグに演出の腕を認められ、『アメリカン・ビューティー』の監督に抜擢されるに至った。

『アメリカン・ビューティー』(Blu-ray・DVD 発売中) TM & © 1999 DREAMWORKS LLC. ALL RIGHTS RESERVED. TM & © 2012 DreamWorks LLC. All Rights Reserved.

メンデスが手がけた映画はじつに多彩で、『アメリカン・ビューティー』でシニカルなコメディを生み、『ロード・トゥ・パーディション』(02年)ではオールドスタイルのギャングストーリーを演出、『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』(08年)では夫婦の愛憎のドラマを紡ぎ、『007/スカイフォール』、『007/スペクター』(15年)ではアクション大作での手腕を証明して見せた。また、本作の以前にも『ジャーヘッド』(05年)で戦争映画に挑戦しているが、こちらは『1917』の対極ともいえる内容で、イラク戦争に出征した若き兵士がひたすら待機する日々の中で、戦いを経験することなく人間性を破壊されていくという、反戦色の強い物語だ。

メンデス作品では、しばし家族の絆や葛藤がテーマになる。『アメリカン・ビューティー』や『レボリューショナリー・ロード』は家族の崩壊が生々しさとともに描かれていた。また、『ロード・トゥ・パーディション』は切っても切れない父子の絆がドラマをおもしろくしていた。『1917』にも、そんな家族劇の要素が見受けられる。ブレイクの兄は進軍中の部隊に在籍しており、彼が伝令を届けなければドイツ軍の猛攻を免れず、部隊もろとも全滅に追い込まれかねない。だからこそブレイクは必死であり、戦友スコフィールドも彼を支える。エモーショナルな描写は本作では控えめだが、だからこそ心に残る設定だ。

また、メンデスの作品は映像の空気に徹底的にこだわることでも知られている。『アメリカン・ビューティー』の原色の配置やライティングのハッとするほどの美しさ、『ロード・トゥ・パーディション』の陰影を活かしたノワールなムード。いずれの作品も名手コンラッド・L・ホールが撮影監督を務め、どちらもアカデミー撮影賞を受賞している。そしてホール亡き後、メンデス作品の撮影監督を務めるようになったのがロジャー・ディーキンス。『ブレードランナー 2049』(17年)に続き、『1917』で2度目のアカデミー撮影賞を受賞したのは記憶に新しい。

映画に没入させるワンカット撮影

イギリス映画界でカメラマンとして頭角を現したディーキンスはハリウッドでその才を認められ、『ショーシャンクの空に』(94年)をはじめ多くの傑作に携わり、アカデミー賞のノミネート回数はじつに15度を数える。中でも有名なのはコーエン兄弟の作品での活躍で、『ファーゴ』(96年)、『オー・ブラザー!』(00年)、『ノーカントリー』(07年)などで才腕を振るった。サム・メンデスと組み始めたのは『ジャーヘッド』からで、『1917』が4度目のコラボレーション作品となる。そして今回の大きなチャレンジとなったのが、ワンカット撮影だ。

メンデスは前作『007/スペクター』で、『ダンケルク』の撮影監督ホイテ・ヴァン・ホイテマと組み、オープニングのメキシコでのシークエンスでワンカット撮影を試み、スリリングな見せ場として機能させた。この経験を発展させたのが、『1917』と言えるだろう。119分のすべてがワンカットでつながってはいるが、最初から最後までをワンカットで撮ったわけではない。物語は昼から夜、朝へと続くので完全ワンカットで撮ったなら20時間ほどの超大作となってしまうのだから。本作はしばし完全ワンカット撮影と語られているが、実際には『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』と同様に複数のワンカットをつなぎ合わせたものだ。

とはいえ、ワンカット撮影にはつねに困難がつきまとう。役者やスタッフの誰か一人がミスしただけで、その場面は撮り直しになる。それを回避するためには入念な準備とリハーサルが必要だ。本作でメンデスとディーキンスはセットの建設前からそのサイズをすべて計測し、俳優の移動距離や速度を考慮してカメラワークを決めた。時に地を這い、時には天を舞う、その動きは奔放に見えるかもしれないが、すべての撮影は綿密な計算に基づいて行なわれたのだ。

ほかにも屋外の撮影であり、なおかつあらゆる角度から撮影するゆえに照明が使えず自然光のみで行なったとか、映画を曇天で統一すべく天候の変更を待って撮影したとか、撮影時の難題には事欠かない。それらの苦労はすべて、観客を映画に夢中にさせるためのものだ。「観客には、ワンカットで撮影されたことを意識して観て欲しいわけではない。それに気づかぬほど没入して体感してもらいたい」とディーキンスは語る。最初はワンカットを意識して観たとしても、観客は途中からそれを忘れてしまうに違いない。『1917』には、それほどまでに強烈なエネルギーが宿っているのだから。

文/相馬学

公開情報 『1917 命をかけた伝令』

第一次世界大戦真っただ中の1917年のある朝、若きイギリス人兵士のスコフィールド(ジョージ・マッケイ)とブレイク(ディーン=チャールズ・チャップマン)にひとつの重要な任務が命じられる。それは一触即発の最前線にいる1600人の味方に、明朝までに作戦中止の命令を届けること。進行する先には罠が張り巡らされており、さらに1600人の中にはブレイクの兄も配属されていたのだ。戦場を駆け抜け、この伝令が間に合わなければ、兄を含めた味方兵士全員が命を落とし、イギリスは戦いに敗北することになる――。刻々とタイムリミットが迫る中、二人の危険かつ困難なミッションが始まる…。
監督:サム・メンデス
脚本:サム・メンデス、クリスティ・ウィルソン=ケアンズ
製作:サム・メンデス、ピッパ・ハリス
撮影監督:ロジャー・ディーキンス
出演:ジョージ・マッケイ、ディーン=チャールズ・チャップマン、ベネディクト・カンバーバッチ、コリン・ファース、マーク・ストロング ほか
配給:東宝東和
公開中
©2019 Universal Pictures and Storyteller Distribution Co., LLC. All Rights Reserved.
公式サイト:1917-movie.jp

ブルーレイ情報 『アメリカン・ビューティー』

Blu-ray:2381円(税抜) DVD:1429円(税抜)
発売中
NBCユニバーサル・エンターテイメント
TM & © 1999 DREAMWORKS LLC. ALL RIGHTS RESERVED. TM & © 2012 DreamWorks LLC. All Rights Reserved.
※2020年2月の情報です。