舞台挨拶の司会をはじめ、映画コメンテーターや、映画レビュー執筆でも大活躍の伊藤さとりさん。新型コロナウィルスによる緊急事態宣言の余波は、映画と共に生きる伊藤さんの仕事にも大きな影響を及ぼしたといいます。映画大好きな業界の人たちと語り合う『映画は愛よ!』の池ノ辺直子も、代表を務める予告編制作会社バカ・ザ・バッカの運営を進める上で10 年先を見越した決断を下したそうです。『映画は愛よ!』の特別編として、現状の問題も含め、今だからこそ話したいことを二人が語り合う特別企画。第2回は日本映画を中心に、公開延期になって待ち遠しい新作映画の見どころから、関連する過去の作品まで、話題は縦横に広がっていきます。

超能力が描く世界

池ノ辺  配信やDVDで昔の映画を見る時間が増えたと思いますが、最近は何を見ましたか?

伊藤  私、りん・たろう監督、大友克洋キャラクターデザインの『幻魔大戦』(1983年)がすごく好きなんですよ。それで、大友さんが監督した『AKIRA』(1988年)が池袋グランドシネマサンシャインでIMAX上映が決まったのに合わせて、『幻魔大戦』も特別上映されることになったので、行く気まんまんだったんです。行けなかったから家のDVDで見直したけど、やっぱり面白い!しかも、美輪明宏さんの声は、宇宙の神秘そのもので五感に伝わって来るし、角川映画だから原田知世さんもボイスキャストに入っていて。

池ノ辺  『AKIRA』の前に、『幻魔大戦』があったわけですよね?

伊藤  超能力を持った人たちが力を合わせて戦うっていうのが『幻魔大戦』で、『AKIRA』は特殊能力を持った少年の話。だから『幻魔大戦』を見ると、原点のジャパニメーションの力強さ、ぶっ飛び方っていうのを見直せました。主題歌の『光の天使』なんてエンドロール見ながら歌っちゃいましたよ(笑)。

池ノ辺  超能力っていえば、私が最近はまったのはドラマ『BORDER 警視庁捜査一課殺人犯捜査第4係』(2014年)。小栗旬ってこんなにカッコよかったんだって思っちゃったぐらい面白かった。それで、彼は今どうしてるんだろう?と思ったら……。

伊藤  ハリウッドですよ!『ゴジラVSコング』に出ているんです。アメリカでは11月に公開予定だったので、日本も同じ頃だろうと言われていたんですけど、延びるかもしれないですね。

歌に寄り添う映画『糸』

池ノ辺  近日公開になってしまった『糸』はどうでしたか? 菅田将暉、小松菜奈の主演ですね。

伊藤  音楽があって、そこから物語を紡ぐという形の『涙そうそう』(2006年)とか『ハナミズキ』(2010年)の流れで作られているんです。それで、やっぱり菅田将暉さんはすごいと思って。昔から身体能力のある俳優さんだなと思っていたけど、シネコンで見られる恋愛モノから、ミニシアターの『タロウのバカ』(2019年)までやりきれるわけですよ。彼は。

池ノ辺  本当にそうね!

伊藤  『糸』では、北海道の田舎町の男の子という設定だから垢抜けていないのだけど、こんなに魅力的に人間味をジワジワ出してくる俳優さんってそういないと思いましたね。小松菜奈さんも映画女優然としていて見惚れてしまう。それから中島みゆきの『糸』という歌のメッセージって素晴らしいですよね?

池ノ辺  この歌、結婚式でみんな歌うのよ 。

伊藤  糸って台詞の中でもちょっとずつ出てくるけど、一本ずつが絡み合うことでひとつの紐になっていくじゃないですか。でも、切れるときだってある。映画の中でも言ってるんですが「切れる糸だってある。でも切れてもその先につながる」って。

池ノ辺  別の糸があるわけね。

伊藤 そう。それが運命を意味してるわけじゃないですか。ここで別れたとしても、また再会するパターンもあるし、他の人と出会うかもしれない。1人じゃなくて他の人と繋がっていくことで、より強く人生を歩めていけるんだよっていう。映画を見ながら『糸』の歌詞と共に実感していくわけですよ 。

池ノ辺 中島みゆきの歌がかかるの?

伊藤 しっかり流れます。本当に歌に寄り添っている映画なんです。

池ノ辺 ずいぶんテレビ、雑誌、インターネットでも広告展開をずっとやっていた映画だけに、改めて公開されるのを待ちたいですね。

『糸』公式サイト: https://ito-movie.jp/

行定勲監督が静かに描く心の闇

池ノ辺  日本映画だと『劇場』(近日公開)は4月に公開を予定されていたので、宣伝もずいぶん動いていたんですよね 。

伊藤  お客さんたちがみんな楽しみにしていた映画でしたからね。今までにない山崎賢人君が見られるんですよ 。

池ノ辺  全然違う風貌なんですって?

伊藤  又吉直樹さんの原作があった上での行定勲監督の作品なんですけど、あらすじを聞いたときは、「私みたいなタイプは好きじゃないやつ?」って思ったんです。なぜかと言うと、ダメ男を献身的に支える優しい女の子って、男性の憧れみたいで美談にしたくないというか。あなたをずっと待ってますとか、俺の夢を叶えたいんだとかブーブー言ってるヒモ男を家の中に入れて、家賃も女が持ってという生活は見たくない(笑)。でも、見たらまったく違った(笑)。「あれ、なんだこの展開!?」と思って。彼女は、彼のことが好きだし、彼のことを支えようと思うし、彼が幸せになってほしい、夢を叶えてほしいという思いで一緒にいるんだけど、そもそも自分自身の芯がしっかりしてない。東京へやってきて、自分に何が出来るんだろうと思ってる状態の女の子だから、崩壊していくんですよね。その崩壊した先の、これが女の本性だってところが……!!そしてその演技の振り幅には松岡茉優ちゃんお見事という感じで!

池ノ辺 あら、それは見たいわね。

伊藤 後半戦が面白くって。彼女が、バイクを友達からもらったって言って持って帰ってくる。それで彼氏に見せるわけですけど、彼氏はヤキモチを焼くわけですよね。で、ずっと彼氏がそのバイクでグルグルグルグル彼女の前を行ったり来たりしてるんだけど、彼女のことを無視しながらバイクを走らせるんですよ。でも、途中から彼女の表情が変わってきて……っていうところも、行定勲監督だから、ワザとこういう長回しするよねって。行定監督の特徴は、長回しなんですよね。だからこそ、ここで人の感情が変わるよっていう瞬間が、見られるわけですよ。『劇場』は、人間の“心”を行動や表情で見せてくる。まさに行定勲監督の色が出ていて見応えあるんです。

池ノ辺 いいわね〜。すごく観たくなった!

『劇場』公式サイト: https://gekijyo-movie.com/

伊藤 私は行定勲監督の過去作がすごい好きなんですよね。『ひまわり』(2000年)とか『贅沢な骨』(2001年)とかね。『パレード』(2010年)なんかもそうなんだけど、静かに人間の心の闇を覗き込んでいる感じが好き。だから『劇場』を見ると、『パレード』をもう一回見たいなと思ったり 。

池ノ辺 そういう意味では、今だからいろんなものを見て『劇場』を見るのも良いかもしれないですね。

意外な映画と結びつく『ステップ』

池ノ辺 奥さんを亡くした夫と娘の10年間を描いた『ステップ』(近日公開)はどうでしたか?

伊藤 これは飯塚健監督が重松清さんの原作に惚れ込んで、脚本を書いてたんですって。そのとき、監督は山田孝之君と『REPLAY&DESTROY』なども撮っていて親交も深いから山田君に「この役演ってくれない?」って言ったら、「良いですよ。演りますよ、僕」ってうなずいたことから実現したんです。ただね、飯塚監督も言ってたんですが、やっぱり子供が生まれる前に書いた脚本と、生まれた後で書き直したものは全然違うんですって。自分自身が子供を持ってみて、前の脚本は全然違うと思って書き直したんです。

池ノ辺  価値観が変わったのね。

伊藤  それで監督に、この映画を作るにあたって、お手本にした映画や見直した映画はあるんですか?って聞いたら、なんとデレク・シアンフランス監督の『ブルーバレンタイン』(2010年)だって言うわけですよ 。

池ノ辺  なんで?違う話でしょう?

伊藤  私もびっくりしました。例えば『クレイマー、クレイマー』(1979年)とか『アイ・アム・サム』(2001年)とかだったら分かるけれども、『ブルーバレンタイン』?と思ったら、保育園児の時代から小学校を卒業するまで、その成長していく姿を2時間で見せるわけじゃないですか。それをいかに見せるかって言うときに『ブルーバレンタイン』は、2人が出会って、恋に落ちて、結婚して、ドロドロになっていって、その時間経過の見せ方がやっぱり見事だったですね 。

池ノ辺  あれはすごい映画でしたね 。

伊藤  デレク・シアンフランス監督って、感情に上手く寄り添って脚本作りをしているわけですよね。それを『ステップ』でも手本にしたんです。だから無理がないというか、子供の成長を見ていて、「もうこんなに大きくになったの?」って思わない。自然に一緒に成長している感じがするんです。私が『ステップ』を見て思ったのは、この映画の“ステップ”ってステップファーザーとか、ステップマザーの意味なんですよ 。

池ノ辺  ああ、なるほどね。父と娘の物語じゃないのね 。

伊藤  山田孝之君演じるシングルファーザーと、亡くなってしまった奥さんのお父さん、つまり義理のお父さんとの関係を描いているんです 。

池ノ辺 そっか、予告編でもそういうお父さんの一言が出てきますね。

『ステップ』公式サイト: https://step-movie.jp/

伊藤 だから、公開までの間に『ブルーバレンタイン』を見ましょう(笑)。私の大好きなライアン・ゴズリングと、ミシェル・ウィリアムズが本当に良いし、ライアン・ゴズリングが本当に色っぽいんですよね。

池ノ辺 そうね。みんな『クレイマー、クレイマー』とか『アイ・アム・サム』を見ておこうと思うかもしれないけど、『ブルーバレンタイン』を見ておけばいいわけね。この監督は、この映画の前に何を撮っていたんだろうとか。関連する映画をすぐ見られるっていうのは、とっても良いことですね。

構成・文 / 吉田伊知郎

写真 / 吉田周平

池ノ辺直子と伊藤さとりが見た、映画と映画界の今 (3)
新作映画 『15年後のラブソング』『カセットテープ・ダイアリーズ』

最新映画予告編集 “Movie Trailer Cafe”
最新映画の予告編を一挙公開。多くの最新映画予告をお楽しみください。
サイト:https://otocoto.jp/movie-trailer/

プロフィール 伊藤さとり(いとうさとり)

映画パーソナリティ

年間500本以上は映画を見る映画コメンテーター。ハリウッドスターから日本の演技派俳優まで、記者会見や舞台挨拶MCも担当。全国のTSUTAYA店内で流れるwave−C3「シネマmag」DJであり、自身が企画の映画番組、俳優や監督を招いての対談番組を多数持つ。また映画界、スターに詳しいこと、映画を心理的に定評があり、NTV「ZIP!」映画紹介枠、CX「めざまし土曜日」映画紹介枠 に解説で呼ばれることも多々。TOKYO-FM、JFN、TBSラジオの映画コーナー、映画番組特番DJ。雑誌「ブルータス」「Pen」「anan」「AERA」にて映画寄稿日刊スポーツ映画大賞審査員、日本映画プロフェッショナル大賞審査員。心理カウンセリングも学んだことから「ぴあ」などで恋愛心理分析や映画心理テストも作成。著書「2分で距離を知事メル魔法の話術」(ワニブックス)。

伊藤さとり公式HP:https://itosatori.net