1日5組限定!必要なものは全て揃っている

“キャンプ場は、夏に楽しむもの”

そんな常識を変えたい。という思いから『LOOF TINY HOUSE CAMP』プロジェクトは2年前にスタートしたという。

田舎の冬は空気が澄み、星空が美しく、虫も少ない。冬の夜空に爆ぜる焚き火も忘れられない体験となる。そんな“冬”の自然や田舎を、快適かつ贅沢に体験するために「TINY HOUSE(小さな家)」なキャンプ場を作り上げた。

4棟のTINY HOUSE(小さな家) には計5部屋の客室があり、ゆったりとしたプライベートな空間となっている。すべての室内には空調設備、室外に薪ストーブが設置され、四季折々の自然を楽しみながら快適に過ごすことが可能だ。

全室内の寝室には快適な空調設備を完備
ウッドデッキで季節を問わず楽しむための薪ストーブ完備

なによりテント泊が苦手な人でも気軽にキャンプ体験ができるのは、このコロナ禍のレジャーを鑑みるとありがたい。周辺の自然もアクティビティのひとつと捉え、川遊びや野菜の収穫、火起こしなど季節ごとに様々な体験を楽しめるほか、コーヒー豆を炒るところから行う「コーヒー体験」や、焚き火で作るバームクーヘンなどの楽しみも準備されている。

STOVE CABIN 「RURIBITAKI」/ 「KIBITAKI」-定員4名-

宿泊キャビンのメインで、2つの部屋が用意されている。プライベートデッキのほか、半屋外のスペースにはバーカウンターと囲炉裏テーブルがあり、プライベートな空間で宿泊を楽しむことができる。また、トイレや風呂は部屋内に設置されている。

STOVE TINY 「HIGURASHI」-定員4名-

風呂は受付等のシャワールームかバスタブルームを利用する。写真はバスタブルーム。

TENTの形をしたTINY HOUSEで、両サイドの天窓から光が差込み幻想的な空間が生み出される部屋。大きなベットスペースが特徴的で、家族での滞在向き。トイレと風呂はシャワー棟での利用となる。

STOVE TINY 「TENTOU」 -定員2名-

※11月中旬完成予定

高床式のTINY HOUSEで限りなくミニマムな広さにに仕上げた室内は、包み込む様な安心感がある。開放的な中にもソロ利用やプライベートな空間を味わいたいカップルでの滞在向き。トイレと風呂はシャワー棟での利用となる。

STOVE TINY 「KOGANE」-定員2名-

風呂は受付等のシャワールームかバスタブルームを利用する。写真はシャワールーム。

特徴的な形状のTINY HOUSEで寝室と寛ぎスペースの2空間で構成されている。ずっと室内で過ごせそうな書斎のような部屋が特徴。まったり過ごしたいカップルにおすすめ。トイレと風呂はシャワー棟での利用となる。

【施設概要】
名称:LOOF TINY HOUSE CAMP
住所:山梨県笛吹市芦川町鶯宿620-1
電話:055-288-9016
公式HP:https://loof-camp.com

▼こちらもおすすめ

旅と仕事が両立できる「ワーケーション」とは?|喧騒から離れ休暇を満喫しながら働く新しい価値観
湖で焚き火、テントサウナ、シーシャを満喫!白樺湖で秋のアウトドアイベント「湖畔の時間 2020」開催
何をやっても何を食べてもいつ寝てもOK!秋の夜長を焚き火の前で過ごす――はじめませんか?ソロキャンプ。
秋のソロキャンプに必携!焚き火ギアCATALOG【40選】