生放送の“当日発表”に賭けるテレビ局、リスク覚悟で小バズを狙う意味

生放送の“当日発表”に賭けるテレビ局、リスク覚悟で小バズを狙う意味

 9月21日夜、コント日本一を決める「キングオブコント2019」(TBS系)が生放送されます。現在、ファンの間で注目を集めているのは、「誰が優勝するのか」ではなく、「誰が決勝でコントを披露するのか」。決勝進出芸人が、まだ明かされていないのです。

 このような生放送での当日発表は「キングオブコント2019」だけではありません。今年は8月24日の「24時間テレビ」(日本テレビ系)で、水卜麻美アナがチャリティーランナーとして走ることを生放送中に発表しました。

 さらに最も多いのは、生放送での結婚発表。2月4日の「バイキング」(フジテレビ系)で柳原可奈子さん、4月18日の「モニタリング」(TBS系)で春日俊彰さん、6月30日の「笑点」で春風亭昇太さん、7月24日の「今夜くらべてみました」で藤崎奈々子さん、9月17日の「ヒルナンデス!」で舟山久美子さんが結婚を発表しました。

 なぜ、生放送での当日発表が増え、どんなメリットとリスクがあるのでしょうか。

「番組に参加してもらう」ための切り札

 生放送での当日発表が増えている最大の理由は、番組をリアルタイムで見てほしいから。

 例えば、「キングオブコント2019」は準決勝に残った34組のうち、決勝に出演する10組を予想する声が飛び交っていますし、発表前後はさらにネット上で盛り上がるでしょう。つまり、視聴者に予想してもらうことで小さくバズらせ、「番組に参加している」という感覚を与えて番組を見てもらおうとしているのです。

「キングオブコント」のような“お笑い賞レース”は、そもそも、人生を賭けたガチンコバトルの緊張感がある上に、「M-1グランプリ」(ABC・テレビ朝日系)、「R-1ぐらんぷり」(関西テレビ・フジテレビ系)で、敗者復活芸人を当日発表して盛り上げてきた歴史があるのです。その点、すべての出場芸人を当日発表する「キングオブコント」のインパクトは大きく、実は「昨年の大会でも同様の試みで一定以上の成功を収めた」という実績がありました。

 もともと、「謎」や「驚き」を感じさせるコンテンツはネットとの親和性が高く、SNSユーザーの大好物。「絶賛一色」「否定一色」「賛否両論」、いずれになっても盛り上がり、放送中の視聴率が右肩上がりになる可能性を秘めています。

 ネットとの親和性という意味で、今年、生放送の醍醐味(だいごみ)と可能性を最も見せてくれたのが、7月21日の「ワイドナショー」(フジテレビ系)。前日に行われた宮迫博之さんと田村亮さんの謝罪会見を受けて急きょ生放送に変わったのですが、制作サイドから十分な事前告知ができなかったにもかかわらず、ネット上の盛り上がりを受けて、わずか半日の間に注目度はみるみるうちに上がっていきました。

 視聴率は前週から9.7%アップし、過去最高の16.7%(ビデオリサーチ、関東地区)を記録。この好結果は、松本人志さんや東野幸治さんのコメントを生放送で当日発表したからにほかなりません。

 また、このところ、しばしば聞くのは、番組の制作サイドから芸能事務所に「結婚や妊娠などの発表があれば、ウチの番組でぜひ」と持ち掛けていること。あるいは、逆に芸能事務所から「ウチのタレントが○○するので、よろしければ番組で」と持ち掛けるケースもあるようです。結婚や妊娠・出産をSNSで明かすだけの芸能人が多いだけに、生放送での当日発表は価値が高く、今後もこうした演出は続いていくでしょう。

視聴者の拒絶を招く危険なフレーズ

 生放送での当日発表が決まったら、制作サイドは視聴者に向けて「緊急発表!」「番組から大切なお知らせ」「今夜、出演者の誰かが結婚を発表」などのフレーズでPRを行います。

 しかし、それらのフレーズに対する肝心の発表が、視聴者の期待を大きく下回ってしまうと非難必至。「大げさすぎる」「見て損した」という落胆どころか、「ひどい番組」「二度と見ない」などの拒絶を招いてしまうケースも見られます。

 実際、生放送ではないものの今年、多くの人々から批判を集めてしまったのは、7月5日の「ぴったんこカン・カンスペシャル」(TBS系)。新聞のラテ欄で「安住紳一郎アナより大切なお知らせ」と記載したほか、3時間特番の終盤まで引っ張りまくって発表されたのは、「『TBS東京オリンピック2020』の総合司会を務める」という自社番宣だったのです。

 生放送の当日発表に準ずるようなPRや演出を行ったことで、「安住アナもついに結婚か、それとも退社してフリーか」などの声が飛び交ったのは紛れもない事実。安住アナ自身、放送後のラジオで「そういうやり方をすると非常に信頼を失う」「本当に大事なことを伝えなきゃいけないときに耳を貸してくれなくなる」「そういうやり方はやめた方がいいと話し合っていた」と釈明する事態に追い込まれてしまいました。

 上記のフレーズが切り札の一つになることは間違いありませんが、多用するほど効果は薄れ、視聴者との信頼関係は揺らいでいくでしょう。成否の鍵は、「あくまで視聴者を楽しませるための演出であり、その上で視聴率を獲得できたら」という視聴者ファーストの感覚が握っているのではないでしょうか。


関連記事

オトナンサーの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索