息子の成長に感動した出来事を描いた漫画「おむつ替え中にうれしなきしたおはなし」がSNS上で話題となっています。普段は、おむつ替えを嫌がって逃げ出そうとする息子。ある日、母親が「ばんざいしてくれるといいんだけどな」と言ったところ…という内容で「めっちゃかわいい」「うれしいですよね」「タイミングが(笑)」などの声が上がっています。作者の女性に聞きました。

お尻を拭きながら感動…違和感は?

 この漫画を描いたのは、主婦の、きのこの子(ペンネーム)さんです。インスタグラムで1歳の息子の育児絵日記を発表しています。

Q.漫画を描き始めたのは、いつごろからでしょうか。

きのこの子さん「2019年11月から、夫にすすめられて始めました。日常生活が家事・育児だけで終わっていくので何か達成感のあることをしたいという気持ちがあり、夫にこの気持ちを吐露したところ、『インスタグラムで息子の絵でも描いてみたら』と言われたので取り組んでみることにしました。

ただ、恥ずかしいので、夫にはこのアカウントの存在を知らせていません(笑)」

Q.今回の漫画を描いたきっかけは。

きのこの子さん「おむつ替え中に言葉が通じたことがうれしくて、おしりを拭きながら泣いてしまったのですが、客観的に考えると、この光景がシュールでおかしいと思えました。『おしり拭きながら泣いちゃったよ!』とネタにして、誰かに話したくなりました」

Q.これまでは、声を掛けてもおむつ替え中に暴れたり、逃げ出そうとしたりしていたのですか。

きのこの子さん「じっとしていられない子で、何か珍しいものを触っていないとおむつ替えが不可能でした。『おむつ替えるから、いい子にしてね』と声を掛けても無駄でした。この日は近くに、いつも遊んでいる積み木しかなかったので、取りあえず手に持たせて声を掛けたら、言葉が通じて驚きました」

Q.お尻を拭きながら感動して泣いたことに、違和感は。

きのこの子さん「違和感ありまくりです。泣いているときから違和感がありました」

Q.言葉が通じていると気付いたとこで、いたずらをしたときの注意を変えたりされたのでしょうか。

きのこの子さん「もっと怒っている雰囲気を出して叱ってみることにしましたが、あまり効果がなく手を焼いております。テレビをたたくぐらいのことで、鬼のように叱りたくもないし…対応を模索中です」

Q.この感動を、ご家族に共有されましたか。

きのこの子さん「その日の夜に夫に話して、息子にバンザイやパチパチを試してもらい、夫婦で感動を共有しました。夫も驚いて喜んでおりましたが、泣くほどではなかったようです」

Q.子どもの成長をインスタグラムで発表し、フォロワーさんと共有することで、ご自身に変化はありましたか。

きのこの子さん「まず、家事育児だけで終わっていく毎日に楽しみが生まれます。また、地元を離れて核家族で育児をすることは基本的には孤独ですが、インスタグラムの投稿を通じてフォロワーさんから共感してもらえたり、一緒に喜んでもらえたり、アドバイスをもらったりできます。

自分だけでなく、同じように育児に奮闘しているお母さん、お父さんがたくさんいるんだなと思うと、育児の孤独も解消されるような気がします」

Q.漫画について、どのような意見が寄せられていますか。

きのこの子さん「コメントで『うれしいですよね!』と共感していただけました。多くの方がこういう感動の瞬間を経験しているんだなと感じました」

Q.創作活動で今後、取り組んでいきたいことは。

きのこの子さん「この話と同じように、ちょっと笑える日常や成長記録など、また、忘れないうちに出産の話も発信したいなと思っています。そして、友人から似顔絵オーダーを頂くことが多々あるのでもっと絵が上手になりたいです」