2人目が生まれてからの育児について描いた漫画がSNS上で話題となっています。4歳の長女と、生まれたばかりの次女の2人を子育て中の母親。育児経験をたくさん積み、上の子がいるという安心感で家事も以前よりかなり楽に感じますが…という内容で「分かります」「すごく共感しました」「頑張りすぎず頑張りましょう」などの声が上がっています。作者の女性に聞きました。

2人目ができたことで気持ちに変化は?

 この漫画を描いたのは、natu(ペンネーム)さん(32)です。普段は主婦として子育てをしながら、インスタグラムに漫画を投稿しています。漫画は長女が生まれて、子どものいる生活に慣れた頃から描き始めました。

Q.今回の漫画を描いたきっかけは。

natuさん「仕事に家事に育児と日々、追われるように過ごしているうちに『大変、大変、私、本当忙しい!』と自分ばかりの考え方になってしまうことも少なくないのですが、そのとき、家族のささいな言葉や協力にハッとさせられることもたくさんあり、それを忘れたくないと思い、描きました」

Q.自分自身で「強くなったなー」と感じるのは、どんな瞬間でしょうか。

natuさん「多少のことでは動じなくなったことですね。子どもの体調不良も少しずつ冷静に対応できるようになっていたり、自身の体調不良に関しては『このくらい、妊娠出産のときに比べたらなんてことない!』と対応できるようになりました」

Q.1人目の子育てと2人目ができてからの子育て、natuさんのお気持ちに変化はありますか。

natuさん「1人目で母としての忍耐が必要な場面をすでに経験済みだったので、例えば、寝ぐずりや夜泣きに関しても、『今だけだから』『これもあと○カ月だけだし』とゴールが分かり、気持ちの余裕ができています。また、上の子に対しては、妹という存在ができたことで、親が思っている以上に成長している面が多々見えてきており、“一人の人間”として見ようと強く思うようになりました」

Q.長女のいっちゃんは家のお手伝いをしたり、下の子の面倒を見たりしてくれるのでしょうか。

natuさん「小さい頃から、お姉ちゃん気質だったので、わがままは年相応にありますが、とにかく妹をかわいがってくれます。最近は、お料理のお手伝いや下の子のご飯を食べさせる、着替えを自分と妹の分まで持ってきてくれるなど、とても助かっています」

Q.疲れが最高潮に達したときは、どのようにされていますか。

natuさん「夜子どもと布団に入るときに、子どもと同じようにはしゃいでそのまま一緒に寝る!!に限ります」

Q.2人のお子さんを育てる上で、 大切にしていることを教えてください。

natuさん「子どもたちとのスキンシップをできる限り多くとることです」

Q.漫画について、どのような意見が寄せられていますか。

natuさん「予想外でしたが、2人育児とはいえ、つい下の子ばかりお世話をしてしまっている中で上の子への優しいケアをたくさんしてあげたいという声をたくさん頂きました。私自身もそこが常に課題でもあるので、みんなと一緒に頑張ろうと思えました」