託児所を見学した際の出来事を描いた漫画「託児所の見学ですごくモヤッとした話」がSNS上で話題となっています。勤務先の社長から「復職しないか」と言われ、紹介された認可外託児所を娘と見学した女性。施設はきれい、先生は優しいので好印象を持ちますが…という内容で「ひどい! クレームレベルです」「泣いてしまいました」「気にしないで」などの声が上がっています。作者の女性に聞きました。

最初は描くつもりはなかったが…

 この漫画を描いたのは、間もなく2歳になる娘を子育て中の会社員ひなたのママ(ペンネーム)さん(32)です。インスタグラムでは、育児漫画や写真に文字を書き入れた作品を発表しています。

Q.漫画を描き始めたのは、いつごろからでしょうか。

ひなたのママさん「里帰り出産から帰ってきた頃、夫から『絵が好きでしょ、ひなたでも描いて、いろんな人とつながってみたら?』とすすめられるままにインスタグラムを始めました。自主性のない始まりだったのですが、絵を描くことは好きでしたし、今振り返ると、忘れっぽい私には最高の育児記録になっているので、やってよかったなと思っています」

Q.今回の漫画を描いたきっかけは。

ひなたのママさん「『こんなふうに受け取るのは私がネガティブだからかもしれない』と落ち込んだこともあり、描くつもりはなかったのですが、夫が『最高のネタじゃん』と言ってくれまして。描き始めてみたら、今までで一番いろんな方がコメントをくださり本当に救われました。なので、救われたところまでを描きました」

Q.看護師さんに悪気はなく、親切なアドバイスのつもりだったのでしょうか。

ひなたのママさん「そうだと思います。看護師さんやお医者さんは、端的に原因と解決方法を伝えてくれる気がします。ただ、私は一人悶々(もんもん)と本気で毎日悩んでおり、まずは優しく共感から入ってくれたらと心のどこかで期待していたのでつらかったです。温度差が生んだ悲劇でしょうね。もしかしたら、営業手法の可能性もありますが(笑)」

Q.この託児所をすすめてくれた会社の方には、何かお話しましたか。

ひなたのママさん「『ちょっと私には合わなくて…』と正直に言いました」

Q.「力が入ってしまった時期」の自分に、今の自分が声を掛けるとしたら。

ひなたのママさん「『イライラするな、怖い顔するな!』と言いたいです。娘からしたら、突然、母の様子が変化しだして怖かったと思うので…『育児の本でも読んで、一貫性のある接し方を心掛けなさい』と言って、自分のほっぺをたたきたい!」

Q.悩んでいたことを他人から指摘されたことで、考えさせられることもありましたか。

ひなたのママさん「悩んでいることばかりだったので、多少どころか本当に考えさせられました。あんなにどんぴしゃに悩みを言い当てられるなんて、あの看護師さんが本当に有能な方だったか、娘の状況が目に余るほどやばかったかどっちかだと思いますから…。

その後、いろいろな方に優しい言葉を掛けてもらえて、孤独な悩みの視界が開けて、結果的にそれ以前よりも努力できるようになったし、自分の甘かったところを見つめ直せました。虐待発言だけは撤回してほしいですが(笑)」

Q.育児の悩みをインスタグラムで発表することには、どのような意味がありますか。

ひなたのママさん「育児の悩みって本当に閉塞(へいそく)的だと感じます。平日など、基本は1人で子育てする環境が多い中で、うれしいことも悩みもタイムリーに聞いてもらえません。帰ってきた夫に悩みを打ち明けても、思ったように議論はできないし、共感も的外れだったりします。

一方で、同じように悩んでいるママさんがインスタグラムに書いていることって、読んだだけで『ああ、分かる…』って一気に共感できるし、『なるほど!』と思える対応策が書かれていたりします。自分の投稿にもそうした声を寄せてくれたりすると、素直にすごくうれしいし、孤独感が解消されます。

実際に、遊びに行くほどのお友達になってくれるすてきな方とも出会えて、もはやインスタグラムをしていなかったらと思うと怖いくらいです」

Q.今回の経験を経て、改めて育児について考えたこと、意識したことがあれば教えてください。

ひなたのママさん「『子どものご飯はお供えもの』という考え方ですかね(笑)もちろん目的を定めますが、こちらから勝手に成果を期待するのは違うなということを学びました。でも、期待しちゃいますけどね。たとえ赤ちゃんでも、相手の気持ちを意識していたいなと思いました。実際はできない場面が多すぎるんですけどね」

Q.漫画について、どのような意見が寄せられていますか。

ひなたのママさん「『ひどすぎる!』『こんなの気にするな!』『代わりにキレてあげたい!』とたくさん励ましてもらいました(涙)『悩みが一緒です』『泣いちゃいました』などのコメントを頂くと、もしかして、マイナスの感情にさせてしまったかなとオロオロしましたが、それほどにまで共感してくれた方がいました。

みんなきっと、毎日悩んで、不安を抱えてるんですよね。命に代えても守りたい存在の、その未来の土台をつくる責任がずしっと自分の肩に乗ってるんですよね。覚悟して産んだとはいえ本当に重いですから…」

Q.創作活動で今後、取り組んでいきたいことは。

ひなたのママさん「今のままでゆるっと、子育ての記録を残しながら気の合う方と出会っていけたらすてきだなあと思っています。時々、夫の弾き語りの様子をライブ配信しているのですが、いい声でアンパンマンソングを歌ったりするので、ぜひタイミングが合えば聴いていただきたいですね(笑)

また、実績は少ないですが、ウェブ記事の挿絵を描いたりしています。これがなかなか楽しいので、ちょこちょこ続けていけたらいいなあと考えています」