6月26日午前1時ごろ、世界で活躍できるガールズグループの発掘をテーマに放送されていたオーディション番組「虹のかけ橋」(日本テレビ系)が最終回を迎え、ユニット名「NiziU」と9人のデビューメンバーを発表。ツイッターのトレンドランキングに複数のワードがランクインするなど、深夜にもかかわらず大きな反響を集めました。

 さらに、一夜明けた26日8時40分ごろから、情報番組「スッキリ」(同)で約1時間30分にわたる特集が組まれ、メンバーたちが生出演。再びツイッターのトレンドランキングをにぎわせ、合格メンバーへの祝福、落選メンバーへの励まし、世界配信されるプレデビューアルバムへの期待、さらには、番組終了による「虹プロ(Nizi Projectの略)ロス」の声が飛び交っています。

 そもそも、このオーディションは日本のソニー・ミュージックと韓国の芸能事務所JYPの共同開催であり、オーディションで歌って踊られるのは韓国の楽曲ばかり。そのため、当初は「K−POPファン以外注目されないのでは?」という声も上がっていましたが、右肩上がりで注目度を上げて年代・性別を問わない人気コンテンツになり、今や「ブレーク確実」と言われています。

 なぜ、デビュー前の少女たちを集めたオーディション番組がこれほどの注目を集め、早くもブレークが確実視されているのでしょうか。その理由を掘り下げていくと、虹プロが日本のアイドル業界を変えるきっかけになりそうなムードを感じてしまうのです。

「誰が見ても分かる」レベルの高さ

 デビュー前の少女たちを集めたオーディション番組がこれほどの注目を集めた理由は、主に「希少性」「ハイレベル」「メディア戦略」の3点。

 かつては、モーニング娘。などを輩出した「ASAYAN」(テレビ東京系)のようなオーディション番組が多かったものの、最近はほとんど見られなくなりました。しかも、虹プロは「オーディション参加総数1万人以上」「日米10カ所で地域予選、4泊5日の東京合宿、半年間の韓国合宿」という一大スケール。少女たちが10代の大切な時期をささげ、涙と笑顔を見せながら全力で挑む姿は希少かつ新鮮であり、感動を誘いました。

 人々の熱狂度をさらに上げたのは、ハイレベルな候補者たち。歌とダンスのレベルは、これまでに日本で放送されたオーディション番組では見られなかった高さがあり、驚きとともに魅了される人が多かったのです。

 NiziUが早くも「ブレーク確実」と言われているのは、応援し続けてきた人々の愛着に加えて、歌とダンスが世界を目指せるほどのポテンシャルを秘め、成長を促すレッスンを重ねてきたから。番組放送中、ネット上に「日本人にもこんなにすごい女の子たちがいるんだ」という声が何度となく上がっていたように、アイドルファンではない人が、パッと見て分かってしまうほどのパフォーマンスを見せ続けていました。

 また、虹プロはメディア戦略の巧みさも際立っていました。今年1月にHuluの配信番組「Nizi Project」がスタートし、4月には、日本テレビで深夜番組「虹のかけ橋」が放送開始。さらに、朝の情報番組「スッキリ」でも約5カ月間で31回にわたって特集が組まれ、この2週間は連日放送されました。さらに3月から、YouTubeで「Nizi Project」が公開されたほか、オーディションの課題曲を音楽サブスクリプションサービスで聴くこともできます。

 つまり、テレビでは朝と深夜、ネットでは有料と無料の両方で楽しめるなど、人々が才能豊かな少女たちを知るきっかけが、かつてないほど多かったのです。

才能ある日本人が次々に韓国へ

 一方、日本人が手がけるガールズグループは、その大半がビジュアル重視のアイドル。この傾向は1970年代から変わらず、「カワイイからOK」「アイドルの旬は短い」などの理由から、少しでも早くデビューさせることを考え、歌やダンスのレッスンに長い年月を費やすことはめったにありません。「促成栽培」などとやゆされる上に、異性から好かれることをベースに選ばれるため、「国内の特定層だけにウケる」という存在になりがちです。

 21世紀に入ると、歌とダンスを重視し、レッスンを重ねた韓国のガールズグループが日本に進出し、同世代女性を中心に支持を集めていきました。今回の虹プロによって、韓国発ガールズグループの魅力が幅広い世代に知れ渡り、K−POPを聴かない人々から「歌とダンスがうまいから、カワイイだけでなくカッコイイ」「日本のアイドルはビジュアルだけでいいのか?」「日本人の子でも、いいレッスンを受ければここまでやれるのか」などの声が上がっていたのです。

 すでに、テレビ業界や広告業界からは「NiziUが本格デビューしたら、既存のアイドルグループはファンを奪われるだろう」「世界で活躍し始めたら、日本のアイドル業界は変わらざるを得ない」「このままでは、才能ある日本人がみんな韓国へ行ってしまう」などの声が聞こえてきます。多彩な楽曲とヘアメークなども含めて、NiziUの存在がさまざまな面で、日本のアイドルに影響を与えるのではないでしょうか。

カリスマプロデューサーの温かい言葉

 最後にもう一つ、日本のアイドル業界に影響を与えそうなのは、虹プロのプロデューサーを務めるJ.Y.Parkさん。候補生たちの課題を鋭く指摘し、プロフェッショナルの心構えを教える一方、才能を見つけて認めることで自信をつけ、小さな変化を見逃さずに褒めるなど、笑顔で温かい言葉をかけ続けていました。

 また、6月26日放送の「スッキリ」では「お互いを思い合うグループであってほしい」とメッセージを送り、さらに「今回のプロジェクトで、候補生と深く分かり合いたくて、日本語を勉強した」ことを明かしています。加藤浩次さんが「人間として響く言葉が多かった」とコメントしていたように、「真実・謙虚・誠実」を心がけるJ.Y.Parkさんの人間性が候補生たちの成長を促し、見る人に学びを与えてきたのは間違いないでしょう。

 果たして、日本人のプロデューサーにJ.Y.Parkさんのような人がどれだけいるでしょうか。日本人のプロデューサーは「上から目線で偉そう」「難しい顔ばかりしていて近寄りがたい」などと言われがちですが、今後は親近感を抱かせ、「カワイイ!」とまで言われるJ.Y.Parkさんのような存在が現れるかもしれません。

 そんなJ.Y.Parkさんの魅力や人気もあるだけに、やはり、NiziUの前途は明るいものになりそうです。