パワハラ苦にひきこもった30代長男、「家計簿」をつけることで見えた就労への希望

パワハラ苦にひきこもった30代長男、「家計簿」をつけることで見えた就労への希望

 正社員として働いていた人が、職場でのパワハラがきっかけでひきこもるケースは珍しくありませんが、心身ともに疲弊しているため、社会復帰するのは容易ではありません。筆者は、パワハラが原因でひきこもった男性の相談に乗る機会がありました。男性はお金について不安を抱えていましたが、これまで行動は起こしていませんでした。ところが、話を進めていくうちに、男性の中で“変化”がありました。

就労を考えると体調が悪化

 ある日、ひきこもりの長男(33)を抱えるご家族から相談依頼がありました。長男の希望もあり、当日は本人を含めたご家族からお話を伺うことになりました。家族構成は次の通りです。

・父(60)  会社員
・母(57)  パート
・長男(33) 無職

 長男は大学を卒業後、就職し正社員として働いていました。仕事は忙しく、休みもあまり取れない職場だったそうです。

 30歳の頃、顧客から大きなクレームが出てしまったのをきっかけに、上司からパワハラを受けるようになりました。精神的苦痛で体調が優れない中、無理をして会社に通い続けた結果、とうとう仕事ができない状態にまで悪化してしまいました。そのため、会社と相談し休職。自宅で休養していましたが、職場に復帰することが難しかったため、やむなく退職を決意しました。現在は月1回の通院を続けているそうです。

 仕事や上司からのプレッシャーがなくなり、通院治療の効果もあって現在、症状は比較的軽いようです。そのため、障害年金をもらえるほどではないとのことでした。長男は不安を口にしました。

「傷病手当金の支給が終了したので、現在の収入は0円です。貯金は少ししかないので、将来のお金の心配が大きくのしかかっています」

 長男は30代とまだ若く、筆者とも特に問題なく会話ができていたので、1つ質問をしてみました。

「少しでも収入があれば、将来の見通しは大きく改善します。何も正社員にこだわる必要はありません。パートやアルバイト、障害者を対象にした就労でも構いません。その辺はどうお考えですか」

 すると、長男は視線を下に向けたまま力なく答えました。

「働くことを考えると不安が強くなり、めまいがしたり体に力が入らなくなったりすることがあります。また、仕事以外でも物事に対する意欲や自信がありません。今のような状態では、とても働くことは難しいと思います…」

 両親は心配そうに長男を見つめています。そこからは、働くことに関して無理をさせたくない、という思いが伝わってきました。

「なるほど。分かりました。では、働くことが難しいという前提で将来のお金の見通しを立ててみましょう」

 筆者はご家族に向かってそう提案しました。

親亡き後の長男の収入/支出は?

 長男がこのまま働くことが難しいと仮定した場合、親亡き後の収支はどのようになるでしょうか。長男は会社員のとき、厚生年金保険に加入していました。退職後は国民年金と付加年金に加入しています。このまま、国民年金と付加年金に加入し続ける予定とのことなので、公的年金は月額約8万2000円になることが分かりました。

 次に支出です。筆者の今までの感覚から、基本生活費として月10万円、別途住居費がかかるものとして見積もりました。すると、長男が疑問を口にしました。

「ちょっと待ってください。生活費が月10万円くらいとありますが、本当にそうなるのでしょうか。実際のところ、どうなるのかは分かりませんよね」

「確かにそうですね。おっしゃる通りです。では、現在のご家族の家計支出を参考に試算してみましょうか。単純に3分の1にはなりませんが、それでもイメージはしやすくなるでしょう。現在は月にどのくらいの支出がありますか」

 そう聞いてみたところ、ご長男を含めご家族の誰もが困ったような顔をされました。家計を管理しているはずの母親が言いました。

「大まかには分かるのですが、具体的な金額までは把握しきれていません。すみません…」

「それならば、これを機会に家計簿をつけてみてはどうでしょう。せっかくなので、ご長男がご家族のサポートを受けながらつけてみてはいかがですか」

「そうですね。お金のことも知りたいので、ちょっとやってみたいと思います」

 長男は前向きにそう答えました。ご家族と話し合った結果、次のようなルールを決めました。

・費目は細かくせず、食費、水道光熱費、医療費、雑費などに大まかに分ける。
・記録はパソコンでつけていく。
・長男一人でやろうとせず、難しいところは母親の協力も得る。
・月に1回家族会議で共有する。

「家計簿は一度つけたら終わりではなく、続けることが大事です。続けることで、それぞれの費目の目安金額が把握できるようになります。また、節約できそうなところも見つかるようになります。節約することが身に付けば、将来の生活にも役立ちますよ」

「はい、分かりました。続けられるように頑張ります」

 長男はそう言いました。当面は家族の家計支出を把握するようにし、その後、将来の見通しを立ててみるということで初回の相談は終了しました。

長男の行動範囲が広がった

 相談を受けてから数カ月後、母親から1通のメールが届きました。そこには、長男のその後のことが書かれていました。長男は家族と一緒に家計簿をつけるようになってから、節約にも興味が湧いてきたようです。スーパーのチラシなどを見るようになり、お買い得商品や旬の食材を自分で買いに行くようになりました。

 最近では、自分で買ってきた食材でちょっとした料理を振る舞ってくれることもあるそうです。自分で決めたことをやり、家族から感謝されることで、以前に比べ長男の顔色や気持ちもだいぶ良くなったと母親は感じているそうです。

 メールからは、意欲や自信を少しずつ取り戻していく長男の姿が目に浮かんできました。「このまま、自分のできる範囲を広げていき、就労できるくらいにまで回復してくれれば」と切に願いました。


関連記事

オトナンサーの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る