「恋人・夫婦仲相談所」の開設以来、不倫の相談は後を絶ちません。

「夫以外の男性を好きになって毎週会っているけど、この先どうしよう」「妻とはセックスレスなので彼女をつくったが、離婚はしたくない」など“一般的”と言っていいのかは戸惑いますが、「そうですか。よくない現状ですね」と冷静にアドバイスを進めていけるパターンが、もちろん多数派です。

 その一方で、話を聞いていて、「え? もう一度言ってください。そんなことあるんですか」と、メモを取る手が止まるようなイレギュラーなパターンもあります。

中学時代の憧れの相手と再会し…

「ダブル不倫」は世間でよく聞くワードになってきていますが、今や、もっと複雑化した「四角不倫」ともいえる男女関係も少なからず存在します。個人的な連絡が簡単に取れる「つながりツール」の拡大は、マナー違反の関係も後押ししているのです。

【千恵里さん(仮名、40代前半)のケース】

 女優の波瑠さんが不倫をする主婦役を演じたドラマ「あなたのことはそれほど」と重なるようなお話で、「事実は小説より奇なり」と実感しました。相談所に来られたのではなく、私の知人経由で紹介してもらい、お話を聞かせてもらいました。

 千恵里さんはお子さんが2人いて、夫の道雄さん(仮名)と円満に暮らしている関東圏在住の主婦です。

 私はまず、千恵里さんの結婚観を問いました。千恵里さんの答えは「一番好きな人と結婚するより、2番目に好きな人と結婚する方がうまくいくと、母と姉から言われていました。今の夫は2番目です」。

 夫の道雄さんについては、「付き合い始めてから好きになろうと努力した」といいます。安定した会社で働いていて、礼儀正しい。千恵里さんのお母さんもお姉さんも満足する条件。つまり、家族が大賛成で、「私も嫌いではなかった」から、結婚相手として決めたそうです。

 千恵里さんの恋愛経験は、中学生の頃の憧れの相手と、社会人になってから2年付き合った男性の2人。3人目が現在の夫です。雰囲気も、恋愛意欲が旺盛な女性には見えません。

 地元の友達が企画した8人くらいの同窓飲み会で、中学生の頃、つまり30年前に憧れていたイサムさん(仮名)と再会してから、気持ちに変化が出てきました。イサムさんは遅い結婚だったそうで現在、結婚4年目。子どもは保育園で、妻は衣料関係の会社で働いています。

 イサムさんには当時の面影があり、はにかむ感じが千恵里さんの思春期の記憶を呼び起こします。当時より筋骨隆々で、たくましく見えました。

 居酒屋で盛り上がり、参加者のグループLINEができて「定期的に飲もう」という流れに。「イサムさんの連絡先が自分のスマホの中にある」という事実が、千恵里さんの自制心を崩していきました。

 数日後、千恵里さんは「中学のとき、好きでした」というメッセージをイサムさん本人に送ったのです。イサムさんは素早く、「2人で飲もう」と返事をくれました。

 そこから、なし崩し的に関係が深まっていきます。

 千恵里さんの子どもは大きいので、家に2人で置いておいても大丈夫でした。クリーニング屋のアルバイトの日数を減らしてもらい、イサムさんとビジネスホテルや車中で逢瀬(おうせ)を重ねます。

 ある日、イサムさんから、「バレないように家族を紹介し合おう。その方が疑われにくくなる」と提案があり、2家族でバーベキューをすることになります。そこで、千恵里さんの夫・道雄さんと、イサムさんの妻・リエさん(仮名)が顔を合わせることになったのです。

自制心、道徳心があれば不倫はしない

 リエさんは皆より一回り年が離れていて、若い奥さんです。洋服の仕事をしているので、ファッションについてもいろいろ教えてくれます。快活で面白いリエさんに、千恵里さんはライバル意識というより女性として興味が湧き、LINE電話で女子トークをしたり、お菓子を持っていったりする仲になりました。

 数カ月、イサムさんとの関係を保ちながら、リエさんとも交流をしていましたがある日、リエさんから、「おたくの旦那さんに誕生日会に誘われた。サプライズ企画だから内緒に、ですって」と言われ、驚きます。そんな企画はないし、初耳です。これまで、道雄さんの誕生日は小さいケーキを買ってきて、家族で食べるだけでした。大げさな会などしたことはありません。

 道雄さんに、あえて何も聞かずに様子を見ましたが、誕生日が近づいても何も切り出しません。リエさんにこっそり聞くと、「ダイニングバーの個室で集まろうと言われた」と。

「夫はリエさんに気がある」と察しました。2人で会うに違いない、と。しかし、リエさんの話はその上を行きます。「実は私、職場で内緒の彼氏がいるんです」。千恵里さんは戸惑いましたが、イサムさんとの関係は続けたいので「秘密にしとくね」と伝えました。

 この後、道雄さんがリエさんと2人で会ったのか、リエさんの不倫はイサムさんにバレたのかは聞いていません。

 さて、「不倫に走りやすいのはどんな女性ですか?」と雑誌の取材でよく尋ねられます。今までのヒアリングから分類してみます。

【不倫体質の女性】(恋人・夫婦仲相談所調べ)

・「結婚と恋愛は別物」という鉄板思考がある
・条件を満たす夫を選んだ(ちまたで言われる「ハイスペック婚」、バブル期でいうなら「3高夫主義」)
・元彼を断ち切るために無難な相手と結婚した
・女性としての承認欲求を異性に求めてしまう
・孤独に耐え得る“骨太マインド”の欠落(「心の隙間に彼が入り込んだ」という表現をされます)
・20代でモテた体験が心地よかったので、再燃したい願望が強い
・夫の不倫発覚を乗り越えた経験がある
・女性の友達や、有名人の所有物・ステータスをうらやむ傾向がある
など

 そして、恋人・夫婦仲相談所はセックスレス問題に重きを置くため、次のような理由が目立ちます。

・夫との長きにわたるセックスレスで、愛されている自信を失う
・性欲が強く、夫との営みでは頻度が足りない
・夫とセックスレスではないが、本来、自分が求める性の営みではないので、性的満足を得られない
・夫が長期出張や単身赴任のため、自由時間が多く、監視者がいない
・家計補助のために始めたセクシー系チャットの相手を好きになった
・夫が勃起障害(ED)を治療してくれないから、そうでない男性を好きになった
など

 千恵里さんのように「結婚した後で一番好きな人が現れた」という事象を「運命だ」と感じ取る女性と、「いい思い出」と胸に納める女性とにバッサリ分かれるのが現実です。

 そこで“違法行為”という認識や罪悪感など、自制心がどの程度働くか。これは持って生まれた気質だけでなく、置かれている環境や夫との関係性によって変動するのではないかと、私は考えています。

 自制心や道徳心が高い値のときは、常識を持ってやり過ごしますが、夫に無視され続けていたり、毎日マウンティングされていたり、チクチク嫌みを言われていたり、10年間のセックスレスであったりと、普通ではない夫婦関係のときは、自制心が低い値に落ちてしまいます。

 ダブル不倫の場合は「お互い家庭があるので、結婚を迫られることはない」という不都合な安心感が後押しをすることもあります。

夫婦で向き合うことで解決に

 不倫は「した方」が絶対的に悪です。とはいえ、そこに至る夫婦の関係性と、性の営みの貧弱さは“2人”で向き合わなければ解決に至りません。

「不倫は悪」と分かっていても実際にはなくなりません。リベンジとしてする人もいれば、いっときの遊び心でする人もいます。「夫がしてくれないからしょうがないでしょ」と開き直る不倫もあります。

 ダブル不倫や四角不倫、リベンジ不倫、開き直り不倫、体だけ不倫、お金のため不倫…その理由は多岐にわたります。

「夫より愛しているから、この人と不倫関係を続けていきたい」という人にはまず、不倫の理由を自己分析して、自分の弱点をつぶそうとアドバイスしています。このお話はまた次回に。