6月4日から10日は日本歯科医師会などが提唱する「歯と口の健康週間」です。啓発活動の一環として、動物園でカバなどの歯磨きが披露されることがありますが、そもそも、動物も虫歯になることがあるのでしょうか。身近なペットである「猫」が虫歯になる可能性や歯の手入れ法について、獣医師の増田国充さんに聞きました。

歯周病関連がほとんど

Q.猫も人間と同様、虫歯など歯の病気になることはあるのでしょうか。

増田さん「猫にも、お口のトラブルが存在します。人間では虫歯と歯周病が主なものですが、猫の場合は歯周病に関連したものがほとんどです。

歯科で『齲歯(うし)』と呼ばれる虫歯は、猫に生じることはほぼないといわれています。これは、普段食べている物の違いに関係しています。猫は肉食動物で、口の中が弱アルカリ性になっています。口の中の環境が酸性になると、歯を溶かすことで知られる『ミュータンス菌』が活発化して歯を溶かしますが、猫はミュータンス菌が生存しにくいことが、虫歯がほぼない理由の一つです。

一方で、猫の歯周病は非常に多く、高齢になると歯石の付着がみられるほか、強い歯周炎を伴って、食べることが困難になるほどの痛みが生じることがあります。歯周病菌は、口の中がアルカリ性であると活発化しやすい特徴があります。また、飼い猫が一般的に食べているキャットフードは食べかすが口の中に残りやすく、歯垢(しこう)となります。歯垢がたまることで歯周病菌が繁殖しやすくなるため、特に歯垢の残りやすい歯と歯茎の間を中心に歯周炎が生じます。

ほかに、歯に穴が開いたり溶けたりして虫歯のように見えることがありますが、これは厳密にいうと虫歯ではなく、『破歯(はし)細胞性吸収病巣』と呼ばれるもので、その原因は不明とされています。また、感染症や免疫のアンバランスによって、歯茎の腫れや『肉芽腫(にくがしゅ)』と呼ばれるできものが生じることもあります。ちなみに、猫の歯の本数は乳歯が26本、永久歯が30本です」

Q.歯の病気の治療法を教えてください。

増田さん「『猫では歯周病が多い』とご紹介しましたが、歯垢や歯石が付いている場合、これらをきれいに取り除く必要があります。特に、歯石は目に見える部分だけでなく、歯周ポケットと呼ばれる、歯と歯茎の間に隠れている部分が特に重要で、きちんと処置を行います。重度の歯周病で歯がぐらついてしまっている場合は、抜歯を行うこともあります。

また、さまざまな理由で歯が折れてしまった場合、その部分を修復する治療を行う動物病院もあります。専門医による、より高度な歯科治療が行える動物病院もあります。また、歯の疾患の中には、歯以外の箇所が原因となっている場合があります。その場合は、原因となる疾患の治療も行います」

Q.人間の場合、医師と歯科医師とは別の資格です。獣医師の世界でも、別の資格があるのでしょうか。あるいは、特別な資格はなくても「動物の歯医者さん」のような専門の獣医師がいるのでしょうか。

増田さん「現在の獣医師法では、動物に対して侵襲(注射や投薬、手術など体に負担を掛ける行為)を伴う治療行為を行うことができるのは獣医師のみとなっています。動物に対する歯科治療では、歯周ポケットの治療や抜歯といった、出血を生じる可能性のある処置を行うことを前提としています。そのため、獣医師によって処置が行われなければなりません。

人間を診療する医師の場合、『医師』と『歯科医師』とで資格が分かれていますが、獣医療では区別されていません。ただし、歯科医療に詳しい獣医師は存在し、日本小動物歯科研究会が獣医歯科のレベル認定制度を設けており、専門知識や技術を持った獣医師が全国で活躍しています」

Q.猫の症状に合わせて、かかる獣医師を選んだ方がよいのでしょうか。それとも、まずはかかりつけの獣医師に診てもらうのがよいのでしょうか。

増田さん「動物の場合は、人間の医療ほど診療科目が細分化されていないところがあります。より高度な歯科治療を必要とする場合は、専門医にお任せすることがあります。まずは、猫の歯の状態をかかりつけの獣医師に確認してもらい、必要に応じて、専門分野に精通した動物病院を紹介してもらうのがよいと思います」

Q.予防のためには、どのようにすればよいのでしょうか。歯磨きは猫の場合、じっとさせるのが難しそうに思います。

増田さん「歯の健康のためにできることとして、最も効果的なのは歯磨きです。歯磨きは、いきなりやろうとしてもうまくいかないことが予想されます。最も重要なのは、猫が嫌がらないようにしながら慣れさせることです。そのためには、いきなり歯を磨こうとせず、歯ブラシを口に当てても嫌がらないようになるまで根気よく試してみましょう。その際、あまり強い力をかけずに行うことがポイントです。

また、猫用の歯磨き剤もあります。人間用と違って発泡剤が入っていないので、うがいが必要ありません。とにかく焦らず、慣れるまでゆっくりと…です」

Q.野良猫は歯磨きをしていないと思います。歯の病気にならないのでしょうか。

増田さん「野良猫でも、歯をはじめとした口のトラブルと無縁ということはありません。食べているものの違いなど、いくつか要因はあるかもしれませんが、口腔(こうくう)内の環境が悪化すれば、歯周炎や口内炎といった問題に発展することがあります。さらに、野良猫や頻繁に屋外に出る猫の場合、猫白血病ウイルスや猫免疫不全ウイルス(猫エイズ)に感染する機会が多く、感染してしまうと健全な免疫バランスが乱れ、口内炎を生じやすくなります。

他の病気やケガなどの要因で若いうちに命を落とす例があるので、目立ちにくいのかもしれませんが、口や歯のトラブルに遭うリスクは飼い猫と同じ、あるいはそれ以上かもしれません」