ようやく、最悪の時期は抜け出した感のある新型コロナウイルスの感染拡大ですが、まだまだ予断を許さない状況です。引き続き、感染拡大を防ぐために厚生労働省から、「新しい生活様式」が発表され、夫の実家との付き合いにも新しい様式が取り入れられ始めています。

 それが「オンライン帰省」です。既に「オンライン帰省.com」というウェブ会議サービスが開始されるなど、新たな帰省スタイルとして今後、定着していきそうな気配はあります。とはいえ、電話とは違い、高齢者になじみの薄いITツールを使うため、“帰省する”妻側と“帰省される”義実家側、それぞれの悲喜こもごもがあるようです。

「時間制限」をうまく活用

「オンライン帰省、最高! これで長年のストレスから解放されました!」と満面の笑みを見せたのは美穂さん(仮名、43歳)。一人っ子の夫の実家は車で2時間ほどと比較的近いため、お正月やゴールデンウイーク、お盆、お彼岸など頻繁に訪問するサイクルが、結婚以来続いていたそうです。

「家から近いので、移動の交通費がかからないのはいいのですが、逆に帰省できない理由が見つけにくいんです。義母はきちょうめんで完璧主義、家の中にはちり一つありません。そこに、うちのいたずら盛りの3兄弟が訪問して、元気に家の中を駆け回り、あちこち触ったり汚したりするわけです。

義母にとっては、かわいい孫に会えるのはうれしいものの、家の中が乱雑になることが結構ストレスになるみたいなんです。でも、孫には嫌われたくないので絶対に怒ることはなく、何をされてもニコニコしています。

ただその分、イライラの矛先は私に向くから、滞在中、何をやってもダメ出しばかり。褒めてもらったり、感謝されたりしたことなんて一度もありません」

 そんなつらい帰省の転機になったのが、今回の新型コロナウイルスの流行です。

「義母はスマホは持っていますが、ITは苦手。ほとんど、メールも送ってきません。今年のゴールデンウイークは、夫が苦労してZoomの使い方を義母に教え、早速オンライン帰省をやってみました。

息子たちは興奮してパソコンを独占。交代で義母に話し掛けたり、踊って見せたりして、はしゃぎ回っていました。おかげで、私は子どもたちの後ろでニコニコしているだけで、義母と一言もしゃべらずに済みました」

 美穂さんいわく、今回のZoom利用の際、実はあるテクニックを使ったそう。

「Zoomは無料版でも、1対1なら時間無制限なんです。でもわざと、私のパソコンと夫のスマホ…と複数のアカウントでログインして、義母と合わせて3人の会議になるようにしました。無料版だと、3人以上が参加する会議は『1回あたり40分まで』の制限があるからです。

今回は狙い通り、40分でウェブ会議が切れて、あっという間に終了! 義母は自分でウェブ会議の設定はできませんから、あちらから再度つないでくることもないし、本当にオンライン帰省は最高です!」

 IT企業にお勤めで、普段からウェブ会議をよく行っているという美穂さん。Zoomの機能を知り尽くした「40分切れ作戦」はお見事です。

毎週末、長電話の悪夢

 一方、「オンライン帰省で楽をしようと思ったのに、失敗しました」とぼやいていたのは、夫婦2人暮らしの亜香里さん(仮名、33歳)。

「毎年、北海道の夫の実家に帰省するたびに『孫の顔が見たい』とねちねち言われてつらかったのですが、今年のお盆はオンラインを使えば帰省しなくて済むと思って、ウキウキしていました」

 そんな亜香里さんの喜びに水を差したのが、夫です。

「ゴールデンウイーク中に、夫が『今年のお盆はオンライン帰省にするね』と実家に電話をしているのを聞いて、やったー!と思っていたら、夫がLINEを義母に教えちゃったんです。しかも、テキストチャットだけでなく、ビデオ通話も! これが不幸の始まりでした」と口をとがらせた亜香里さん。

 今までは「通話はお金がかかるから」と、自分から電話をかけてこなかったお姑(しゅうとめ)さんが、LINEの無料通話を知って豹変(ひょうへん)。「無料ならどんどん使わなきゃ!」と頻繁にLINE電話をかけてくるようになってしまったそうです。

「オンライン帰省で疎遠になるどころか、毎週末、LINE電話がかかってきて長時間の対応。かえって面倒なことになっちゃいました。LINEじゃなくて、もっと使い方の難しいアプリを教えればよかったのに…と夫を恨む毎日です」

 あらゆるものがデジタル化されていくにつれ、人と人との距離感も変わっていきます。オンライン帰省になったことで、距離が離れた人がいる一方、逆に近づいた人もいる…距離感は使うツールや親たちのITスキルによって、さまざまなようです。

 これからも、親世代と程よい距離を保ち、平和な関係を維持するには、リアルな訪問やオンライン帰省の他、メールやチャット、ファクスや電話、時には手書きの手紙など、いろんなコミュニケーションツールを上手に使いこなすことが必要になっていくでしょう。

 快適な“お姑ディスタンス”は、お互いの相性によってさまざまです。べったりし過ぎず、スルーは避け、ITツールを駆使しながら、いいあんばいを見つけていきましょう。そして、「孫と話したい」はほとんどのお姑さんの願いです。われわれが姑世代になったときのことも想像してください。孫が寄り付かない状況は寂しいものです。

 そんな気持ちもくみながら、オンラインで義父母に会うときは、にっこり笑顔も忘れずに。オンライン帰省を“義務”と捉えずに愛を込めれば、アフターコロナにいい関係が築けると思います。