「蚊」が活発に飛び回る季節となりました。毎年、蚊に刺されてかゆくなり、かゆみに耐え切れず、刺された部分を強くかく人もいるのではないでしょうか。また、やりがちなのが、蚊に刺されたところに爪で痕をつけることですが、爪で痕をつける行為は、かゆみを緩和する手段として適しているのでしょうか。皮膚に何らかの悪影響はないのでしょうか。アヴェニュー表参道クリニックの佐藤卓士院長(皮膚科・形成外科)に聞きました。

腫れと赤みがかえって悪化

Q.蚊に刺されると、なぜ、刺されたところが腫れ、かゆくなるのでしょうか。

佐藤さん「蚊は人を刺して血を吸うとき、自分の唾液を注入します。この唾液は、人間にとっては異物ですので、体内に入ると異物を排除しようとする反応、つまり、アレルギー反応が起こります。アレルギー反応により、かゆみを引き起こす『ヒスタミン』という物質が分泌され、かゆみや赤み、腫れなどの症状が起こるのです。

ちなみに、蚊の唾液の成分には、刺したときの痛みを感じさせないようにする麻酔作用と、血を吸いやすくするため血を固める働きを抑える作用があるため、刺された直後はかゆみを感じず、しばらくしてからかゆみが出現します」

Q.蚊に刺され、爪で痕をつけることは、かゆみを緩和する手段として適しているのでしょうか。

佐藤さん「蚊に刺された部分に爪で痕をつけて対処しようとする人がいるようですが、おすすめしません。確かに、爪で痕をつけるなど痛みの刺激を与えることで、かゆみを和らげる作用はありますが、あくまで一時的にかゆみが和らぐだけであって、その場しのぎの対処法でしかありません。

むしろ、蚊に刺されて腫れや赤みがある皮膚に爪で痕をつける行為は、刺激となって逆に腫れと赤みを悪化させる可能性があります。また、爪で痕をつけることにより、皮膚が傷つく可能性があり、傷ついた皮膚に細菌が入ると化膿(かのう)するリスクが生じます」

Q.蚊に刺されたとき、かゆみが我慢できずにかきむしることもあります。かきむしることと爪で痕をつけることでは、どちらが皮膚に悪影響があるのでしょうか。

佐藤さん「かきむしるよりは、爪で痕をつける方が物理的な刺激は少ないかもしれませんが、しばらくするとまた、かゆみが出現するので、結局かきむしることになります。かいてもかいても、さらにかゆくなるのは、かく刺激によってヒスタミンがますます分泌され、より一層かゆくなるという悪循環を起こすからです。

そのままかき続けると、かいて傷ついた皮膚から細菌が入ってしまい、赤みやかゆみを伴う水ぶくれなどができる『伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)』、いわゆる『とびひ』になることもあるため、かかないことが大事です」

Q.蚊に刺されたときは、かゆみ止め薬で対応するのがベストということでしょうか。薬が手元になく、かゆみがひどいときはどうすればよいですか。

佐藤さん「蚊に刺された所は炎症が起きて、かゆみ、腫れ、赤みなどの症状が出ているので、炎症を早く抑えることが大事です。そのために、虫刺され用の軟こうをできるだけ早めに使用してください。市販薬でもよいと思います。

軟こうがない場合は、冷たいおしぼりや、保冷剤にガーゼを巻いたものを患部に当ててください。冷やすと炎症を抑える効果があるので、かゆみが軽減されます。とにかく、爪で痕をつけたり、かきむしったりしないことが大切です」