こんにちは、ヨムーノ編集部です。

「これといったムダ使いはしていなのに、お金が貯まらない」  
「せっかく貯まっても、急な出費で貯金を崩しちゃう」    
「衝動買いがやめられませ〜ん(汗)」  

というお金の悩みを抱えている人、その悩みの原因は、財布にあるのかも!?  
金運がダダ下がる「NG財布」の特徴を紹介します。  

教えていただくのは、ご存知Dr.コパ。  
ここから先は、Dr.コパの生セリフでお届けします。  
耳の穴をかっぽじって、よーくお聞き(じっくりお読み)ください! 

貯まらない財布をDr.コパがズバリ!診断

やあ、コパだよ。  
「お金が貯まらない」とグチッてる人は、今使っている財布を見直してみよう。  
こんな財布を使っていたら、金運がどんどん逃げちゃうからね。

外側が黄色、赤、ブルー

黄色は金運カラーだからと黄色の財布を使っている人がいるけど、それはNG。  
外側が黄色の財布を使うと、一瞬お金が入って景気がよくなるけど、それ以上のお金が出て行くんだよ。  
黄色の財布は“浪費財布”。  
内側が黄色ならOKだよ。

赤い財布は、言わずと知れた“赤字財布”。  
出費が増えて貯まるどころか、貯金を崩すことになるからね。

ブルーは冷静さをあらわす色だからムダ使いが防止できて、一見よさそうだけど、お金を出し惜しみする傾向がある。  
金運はケチな人を嫌うから、結局入ってくるお金が減って貯まらないことになるんだね。

派手過ぎ、デコり過ぎ

スパンコールやラインストーンでキラキラな財布や、チャームやお守りがジャラジャラついている財布もNG。  
派手すぎて、お金の居心地が悪くなるからね。

ビニール製や布製のもの

素材がビニールや布の財布もあまりオススメできないね。  
安っぽい印象を受ける財布には、金運は近づかないよ。

3年以上使っている

財布の金運の寿命は1,000日、約3年。   
3年以上使っている財布は金運が枯れちゃっているんだよ。  
どんな高級ブランド財布でも、3年以上使っている財布に金運はない。  

10年前に8万円で買った高級ブランド財布より、3,000円の新品財布の方が金運パワーがあると考えようね。

レシートやカードでパンパン

財布の主(あるじ)はお金。  
お金以外のものがいろいろ入っていたら、お金の居心地が悪くなって、金運が出て行っちゃうよ。  
カード類は8枚がベスト。  
レシートは帰宅したら財布から出すこと。

カバンに入れっぱなし、そこらへんに置きっぱなし

帰宅後、財布をカバンに入れっぱなしはNG。  
出すのはいいけど、玄関、キッチン、ダイニングテーブルの上に置きっぱなしもNG。  

財布だって、1日持ち歩かれて疲れているんだよ。  
カバンから出して、ラベンダー色の布に包んで引き出しの中にしまうこと。  
休ませてあげることで、金運が復活するからね。

財布だけ持ってランチに行く

財布だけをむき出しのまま持って、ランチに行ったりしてないかな?    
ランチやちょっとした買い物のときでも、ポーチなどに入れること。  

むき出しで持ち歩くと、財布を裸で外出させることになって、金運を落とすことになるからね。

ズボンの尻ポケットに入れる

ズボンの尻ポケットに財布を入れている男性をよく見かけるけど、あれはダメだね。  
金運を自分のお尻で潰していることになるから、金運が怒って財布から出ていっちゃうよ。

さて、いくつ当てはまったかな?  
NG風水は今すぐやめて、2020年の金運をアップさせようね。