ハラール食ってどんなもの?  実はイスラム教信者以外にもいいことが

ハラール食ってどんなもの?  実はイスラム教信者以外にもいいことが

 インバウンドが盛んになって、「ハラール」という言葉をよく聞くようになった。「ハラール」とはイスラーム法において合法なものを意味するが、一般的に日本ではハラール食品など、ムスリム(イスラーム教の信者)が食べられるものに使われることが多い。インバウンドの拡大で、ムスリム訪日客が増えるに従い、彼らが食するものに気を遣おうとする機運が高まっているのだ。それだけでなく、健康食としても注目されている。

 ムスリムにとってNGなものといえば、豚肉やアルコール飲料がすぐに思いつくだろう。しかし、これらを避ければいいのかといえば、そんな単純な話ではない。豚肉だけではなく、豚に由来する全てのものが禁忌とされるのだ。製品に豚由来の成分(ポークエキス、ゼラチン、ラードなど)が微量でも混ざると、それはハラールではなくなる。そのため、日本で製造される加工食品の大半がムスリムにとってNGという。

 牛肉はハラールだが、処理方法がイスラームの教義に反すると、ムスリムは口にできなくなる。また、食品がハラールであっても、提供するお皿が一度でも豚料理に使ったとなると、それだけでもNG。信仰であるためデリケートであり、ムスリムを”おもてなし”する際には、気を遣う必要があるのだ。

 そこで、注目されているのが、ハラールの認証。つまり「これはハラールなので食べても大丈夫ですよ」という“お墨付き”だ。イスラーム法学者を擁する認証団体がハラールと認証し、そのマークが付いたものなら、その食品の成分を自分で確認せずとも、ムスリムは安心して食べることができる。レストランなどは店に認証マークが掲げてあれば、厨房や食器もハラールであると確認できるのは言うまでもない。

 

 その認証団体であるが、日本国内では宗教法人の日本ムスリム協会(東京)とNPO法人の日本ハラール協会(大阪)が代表的。その他、数多くの認証団体が乱立するものの、中には“ビジネス優先”で格段に認定を取りやすく、ハラールの基準を満たさないものも少なくないので、注意が必要となっている。

 さて、これら認証を受けたハラール食品。一般的なスーパーで目にする機会は少ないながら、いろいろなところで供されている。ハラール食品を取り扱う株式会社二宮(東京)では「ハラールショップはもちろんのこと、機内食向けや政府系の宿泊施設、大使館やホテルなど需要は多い。学食向けに全国の80の大学にも供給している」(二宮伸介社長)という。イスラーム圏にある航空会社の機内食はハラールであるのは言うまでもなく、ムスリムが多く集うような場所ではハラール食が提供されているため、知らないうちに食べているかもしれない。

 もちろん、ハラールだからといってハラール以外の食品と味が異なることはなく、見た目も一緒だ。たとえば、牛肉などは処理の仕方が異なるだけ。千葉県では事業として、和食のハラールメニューを開発したが、それなど食してみると、一般的な和食と味は違わない。日本の調味料である「みりん」などは、アルコールがNGであることから「みりん風」という商品で仕立てているが、「みりん」と変わらぬ味を出すよう工夫されている。

 また、ハラールはイスラーム法で合法であるというほかに、健康的、清潔、安全、高品質、高栄養価であることも意味する。日本ハラール協会によると「イスラームでは我々の日常において常に清潔を保つこと、自分が摂取するのにふさわしい良いものしか他人にも与えない」という。ハラールを認証する過程において、こういった要素もしっかりチェックしているハラール食品は、健康を考える上でも良いと言えそうだ。 (水野文也)

関連記事

オーヴォ [OVO]の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索