メイドさんに会いに20キロ以上駆けた人も! 「自転車でどこまで行ったことある?」大調査

メイドさんに会いに20キロ以上駆けた人も! 「自転車でどこまで行ったことある?」大調査

 子どものころ、自転車で遠出をするのは、ちょっとした冒険のような気分でドキドキワクワクしたものだ。走行した距離やそのときの体験によっては「武勇伝」となり、思い出話として盛り上がるのも、「自転車あるある」ではないだろうか!? au損害保険(東京都、以下au損保)は、全国の自転車利用者の男女2,000人を対象に、自転車の長距離移動に関する調査を実施。北海道、東北、関東、北陸、中部、近畿、中国・四国、九州・沖縄の8地域ごとに、「自転車でどこまで行ったことあるの?」「なぜ自転車で行ったの?」という、ありそうでなかった調査を行った。

 まず、 「あなたは自転車で、どのくらいの距離を遠出したことがありますか?」と尋ねたところ、「約20〜100キロ」と「約100キロ以上」を合計した割合は、全国で23.3%となり、約4人に1人は20キロ以上の移動を経験していた。最も割合の高い地域は北海道で27.6%、最も低いのは九州・沖縄の17.6%だった。また、「約100キロ以上」と回答した人は、全国で4.1%だった。

 次に、自転車で20キロ以上の移動を経験したことがある人に、車種を尋ねると、「シティサイクル(ママチャリ等)」の割合は、全国で53.6%と過半数を超えた。次いで「ロードバイク」が20.8%、「マウンテンバイク」が9.0%で、多くの人が、長距離走行に適した専用自転車ではなく、ママチャリ等のシティサイクルを利用していた。しかし、100キロ以上の自転車移動経験者に限定すると、「ロードバイク」が50.0%で1位、「シティサイクル(ママチャリ等)」は17.1%で2位となった。どちらの距離設定でも、「電動アシスト付自転車」と答えた人は3.4%(20キロ以上)、1.2%(100キロ以上)と非常に少なかった。自転車に乗る人全体の中で、電動アシスト付自転車を利用する人は、限られた層なのかもしれない。

 さらに、自転車で20キロ以上の移動をしたことがある人を対象に、「その時なぜ自転車で行ったのか」理由を尋ねてみた(複数回答可)。トップは、「それ以外の選択肢を考えたこともなかった」が33.7%。自転車での20キロ以上の走行を特別なことと感じない人も多いのか!? また、僅差の2位は、「お金がかからないから」で33.0%だった。

 最後に、自転車での長距離移動(20キロ以上)のエピソードを。「彼氏と往復30キロほど、動物園までデートしてきました」(北海道41歳女性)、「中学の時、転校した女の子にもう一度会いたいというので複数の友達と一緒に大阪吹田市から兵庫県川西市まで行った。ただし、アポなしで行ったため会えなかった」(関東63歳男性)、「メイド喫茶行くのにお金を浮かせるため自宅から大阪・日本橋のメイド喫茶まで」(近畿26歳男性)などは、恋や憧れの力が、自転車をこぐエネルギーになった例かもしれない。

 買い物からデートまで、自転車を使う理由は人それぞれ。安全に気を付けて、自分らしい自転車ライフを楽しみたいものだ。

(ちなみに各地域の距離のイメージは以下の通り)
東京駅〜川崎 20キロ、札幌駅〜小樽 40キロ、仙台駅〜秋保大滝 30キロ、金沢駅〜新高岡駅 37キロ、名古屋駅〜愛・地球博記念公園 25キロ、新大阪駅〜ひらかたパーク 25キロ、広島駅〜呉駅 20キロ、博多駅〜薬王寺温泉 17キロ


関連記事

オーヴォ [OVO]の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索