通勤ストレスと職場の満足度の関係 通勤時間に“30分の壁”

通勤ストレスと職場の満足度の関係 通勤時間に“30分の壁”

 誰にとっても、通勤時間は仕事とは別種の苦労。でもそのストレス具合は、通勤時間30分が分水嶺のようだ。「通勤中のストレス」に関するアンケート(エアトリ・東京)によると、通勤時にストレスを感じない人の75.7%は、通勤時間が「30分未満」だった。

 電車やバスで通勤している人がストレスに感じるのは、「周囲の人と少し体が触れ合う」こと。その結果、通勤時間が30分を超えると、ストレスを感じる人が増えてくる。一方、残業時間の多寡も通勤ストレスに影響を及ぼすようで、通勤ストレスを感じない人の過半数は、月平均残業時間が「5時間未満」。逆に通勤ストレスを「かなり感じる」人の過半数が残業10時間以上だった。

 職場での人間関係についても同様。通勤ストレスを感じない人の7割が、人間関係にも満足していた。


関連記事

オーヴォ [OVO]の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る