酒好き、ほぼ100人に聞くアンケート「酒飲みのミカタ」(酒文化研究所・東京)。今回は「こもって分かった外飲みのここが好き」と題して、外飲みの魅力について142人を対象に調査した。コロナ禍の行動規制は徐々に緩和され、居酒屋やレストランで会食ができるようになりつつある。長くこもっていたからこそ感じる、外飲みの魅力とは?

 まず、回答者の外飲み頻度を調査。コロナ禍以前にどれくらい外で飲んでいたかを聞いたところ、週に1回以上飲む人(週に1回、週に2日、週に3日以上の計)が30%、反対に外飲み習慣のない人(外ではまったく飲まない、ほとんど飲まないの計)は28%とほぼ同数。残る42%は月に1〜3回のときどき外飲みユーザーだ。

 次に、外飲み習慣のない人を除いた107人に、緊急事態宣言が発せられた4月以降、6月下旬までの間に外で飲んだ経験を聞くと、もっとも多かったのは「一度もない」の47%、続いて「1〜2回」の32%、「3〜4回」7%、「5〜6回」3%と、外で飲む回数が多い選択肢ほど少なくなっている。この期間は外飲み習慣のある人の大半が外では飲んでいなかったようだ。

 ただし、外飲み回数が最も多い「9回以上」は8%と高い。この選択肢を選んだ人のコロナ禍以前の外飲み頻度を確認すると、週に3日以上の高頻度ユーザーがほとんど。彼らにとって外飲みは日常であり、ステイホーム中も生活スタイルを維持していた様子が浮かんでくる。料飲店での酒の提供時間が制限されていた時期にも、常連客の多い料飲店は比較的売上高の落ち込みが小さかったという。外飲みが日常化している高頻度ユーザーがこうした料飲店を支えている様子だ。

 4月以降6月下旬までの間に外で飲んだことのある人(63人)に、飲んだお店のロケーションを聞いたところ、そのトップは「自宅近く」で37%。「自宅の最寄り駅の近く」が24%で続いており、外飲みも自宅の周辺に移っている様子がうかがえる。「都心の盛り場(18%)」「職場の近く(16%)」「通勤途中の盛り場(13%)」は、いずれも「自宅近く」の半分以下にとどまった。

 さらに、「あなたにとって外飲みとは?」(自由記述)と尋ねると、最も多かったのは「気分転換(リフレッシュ含む)」(18人)。3番目に多かった「ストレス解消(息抜き含む)」(10人)や続く「非日常」(8人)も近いワードで、「家で飲むのとは気分が違う」というコメントに象徴されている。2番目に多かったのは「コミュニケーション」(13人)で、「新しい出会い」(8人)という声も上位に。新しい酒と出会う、知らない人と知り合えるなど、職場や家庭とは異なる出会いの場であることが評価されている。ただし、外飲みの高頻度ユーザーにとっては、「習慣・日常」「なくてはならない」「娯楽」であり、「気分転換」のようなイベント感のあるワードは出てこなかった。

 一方、昨今話題のリモートでの飲み会について尋ねると、リモートでの飲み会への参加経験は3割に上り、複数回参加している人が2割程度。一緒に飲んだ相手は「仕事仲間(49%)」「学生時代の友人(30%)」「趣味の仲間(23%)」「家族(13%)」で、リモートワークでも社内の飲みニケーションは健在だった。