宮城県内では6月28日、名取市の20代の女性と仙台市の50代の男性の2人が新たに新型コロナウイルスに感染したことが確認されました。女性は仙台市内の飲食店にアルバイトで勤務していて、男性はこの店を訪れていました。

28日、新たに感染が確認されたのは、名取市に住む20代の飲食店アルバイトの女性と、仙台市に住む50代の会社員の男性の2人です。
名取市の女性は、6月22日に感染が確認された塩釜市の40代の男性の濃厚接触者で、26日に感染が確認された仙台市の30代の女性と同じ仙台市内の飲食店に勤務しているということです。
また、仙台市の50代の男性は、6月23日にこの飲食店を訪れていたということです。
男性に症状は出ていませんが、会社に25日と26日に出勤していて、仙台市はこれまでに確認された濃厚接触者が仕事の関係者17人にのぼるとしています。
県内で確認された感染者の数は6月18日以降、6人となり、合わせて94人となりました。