改正道路交通法が6月30日に施行されました。「あおり運転罪」が新設されたことを受け、宮城県警が出動式を行いました。

30日の出動式では、パトカー10台と、上空からあおり運転を取り締まるためのヘリコプター1台が東北道・「仙台宮城IC」から出動していきました。
これは30日に施行された改正道路交通法で「あおり運転」が厳罰化されるのに伴うものです。
取り締まりの対象となる違反行為は、「幅寄せ」や「割り込み」のほか、「不必要な急ブレーキ」や「高速道路等で車を止めさせる」など10項目です。
違反すると最大で5年以下の懲役、または100万円以下の罰金が課せられます。

県警高速隊 岩間健二 隊長
「著しい危険な状況を作り出すとかあるいは妨害する目的で、そのような行為(あおり運転)をした違反者には厳罰化で臨む」

県警は今後、ヘリコプターとパトカーで連携し、取り締まりを強化していくとしています。