マルチーズの理想的な体重は何キロぐらい?

マルチーズの理想的な体重は何キロぐらい?

マルチーズの理想体重とは?

出典 : Mary Rice/Shutterstock.com

一般的なマルチーズの大きさは以下の通りです。

●体高は23〜25cm
●体重は2〜3kg

体高とは、犬が四本足で立った時の、地面からき甲(首のすぐ後ろあたりの出っ張りがある部分)までの高さです。

「平均体重2〜3kg」というのは、小型犬の中でも小さい部類に入りますが、
マルチーズの体重にはかなりの個体差があります。小さい個体では2kg以下のマルチーズもいますし、逆に4kgを超える大きなマルチーズも見かけます。兄弟・姉妹間でも個体差が出ることは多く、同じ食べ物・同じ環境で育っても全然違う大きさになることも少なくありません。

マルチーズが理想体重よりも軽い時に気をつけたい病気

出典 : Best dog photo/Shutterstock.com

マルチーズは、生後半年間でどんどん大きくなり、成犬になってからも生後1歳半くらいまでゆるやかに成長し続けます。その時に、平均的な体高・体重に達していないと、「ひょっとしたら病気なのでは?」と不安に思う飼い主もいるでしょう。

マルチーズが平均よりもカラダが小さい時に疑われる病気は、「皮膚に関する疾患」「膝蓋骨脱臼」「低血糖症」「二重睫毛」「眼瞼内反症」「聴覚障害」「(ホワイト)シェイカードッグ病」「心臓に関する疾患(僧帽弁閉鎖不全)」「てんかん」などが挙げられます。このような疾患を抱えたマルチーズは食欲不振に陥るため、栄養不足により成長が遅れ、理想的なカラダの大きさに到達しないことがあります。また、下痢が原因で栄養不足になることもあります。

そして、気をつけたいのが出産を計画している場合です。小さすぎるメスのマルチーズは難産になるリスクを背負っているので、出産自体が難しくなる可能性があります。

マルチーズが理想体重よりも重い時に気をつけたい病気

出典 : Nelson Espinoza/Shutterstock.com

一方、逆に理想的なサイズよりも大きく成長したマルチーズはどうなのでしょうか。この場合は、病気が原因で大きくなった可能性は限りなく低く、遺伝的に大きい個体になる可能性があったものと考えられます。どうしても確認したい場合は、両親の大きさ、さらにはその上の世代の大きさにまでさかのぼらなければなりません。

ただし、カラダが大きく育ったマルチーズは、ケガをするリスクが高くなってしまいます。マルチーズは骨格的に頑丈とはいえない犬種です。大きければ大きいほど骨に負担がかかり、部屋で遊んでいる時や散歩中などに少し無理な体勢になってしまったり、どこかにカラダをぶつけたり、高いところから落下したりすると、その衝撃で膝蓋骨の脱臼や足の骨折などといったケガを負ってしまうことがあります。

また、食べすぎによって大きくなったマルチーズは、いわゆる肥満状態にあるので生活習慣病に気をつけなければなりません。カラダが大きくなればなるほど心臓への負担も大きくなるため、心臓に関する疾患(僧帽弁閉鎖不全)や呼吸器系の疾患(気管虚脱など)にも注意しましょう。

飼い主としては、マルチーズの理想的な体型・カラダの大きさはどうしても気になるところだと思います。しかし、個体差が大きい犬種なので、体調が悪い様子がないなら、あくまで参考程度にとどめておく方がよいでしょう。もし、平均より大きい・小さい以外にも体調不良を示す症状が出ている時は、何かしらの病気を患っている可能性があるので、動物病院で診てもらうことをおすすめします。


関連記事

PECOの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る