「わかっているつもり」のその行動、実は愛犬にとってストレスになっているのかも!?(MY♡DOG Winter 2019-20 Vol.1より)

愛犬を抱っこしたり、体に触れたり、健康状態のチェックをしたり。普段何気なく行っているコミュニケーションも、正しい方法にすることで、愛犬をしっかりコントロールできるようになり、急病や災害時など、もしものときに、不幸な事故を防ぎ、安全を守れます。愛犬との暮らしをより幸せなものにするために、正しい「抱っこ」「触り方」「ケア」を学びましょう!

※犬に負担のかかる可能性のある抱っこや触り方、ケアの例は、生体ではなくアミグルミで行っております。
※シニア犬に配慮して、ストロボを使用せずに撮影を行っております。
※モデル犬の年齢は雑誌掲載当時のものです。

今回の講師 三浦裕子先生

東京都江戸川区の「ペットケアサービスLet’s」の代表。食事や行動学など、広い知識に基づいたケアで、愛犬と飼い主さんの豊かな生活のサポートに尽力しています

ペットケアサービスLet’s

東京都江戸川区中葛西2-19-13
☎ 03・3675・0250

お手伝いしてくれるモデルたち

犬の大きさによって、抱っこの仕方は違う!

大型犬の場合

犬に対して横向きになって脇の下と腰で支え、抱きかかえる方法が有効です。このとき、犬の背骨が曲がっていると負担がかかるので、腰を少し上げるなどして左右の高さを調整しましょう。また、飼い主さん自身も腰を痛めないように注意しましょう。

少し判断に迷う中型犬の「抱っこ」は

大きさや重さの幅が広い中型犬。「飼い主さんは犬だけでなく、自身の体格や力の強さなども考慮し、それに合わせた『抱っこ』を選ぶとよいでしょう」と、三浦先生。愛犬と飼い主さん両者とも体に負担がかかる可能性があるので、無理なく抱え上げられる方法を見つけ出しましょう。

寝たきりのシニア犬を抱え上げる場合

大型犬と同様の「抱え上げ」が有効です。ただし、犬の力が弱く、全体重がかかってくるので、注意しないと飼い主さんの体にも負担をかける可能性があります。また、いきなり抱き上げてビックリさせるのもNG。しっかり声かけをして、体に触れてから「抱っこ」しましょう。

企画&構成/SOULWORK
撮影/秋馬ユタカ
取材&文/高橋健太