いま筆者の自宅では、グーグルのスマートディスプレイ「Google Nest Hub Max」が活躍している。音声操作に対する反応が画面に表示されるようになり、スマートデバイスの便利さがより実感できるようになった。

今回、グーグル合同会社 Google Nest製品戦略 アジア太平洋地区 本部長の秋山有子氏を訪ねた。スマートディスプレイ「Nest Hub」シリーズが開発された背景と、デバイスがユーザーにどのように受け止められているのか手応えをうかがった。

あわせて、スマートディスプレイの最新モデルであるNest Hub Maxの上手な使いこなし方も紹介したい。

■ユーザーの生活に自然となじむデザインと使い勝手

先行発売されていた北米に続く形で、グーグルは2019年に、2機種のスマートディスプレイ「Google Nest Hub」シリーズを日本で発売した。11月にはスマートスピーカーのエントリーモデルを刷新した「Google Nest Mini」、メッシュWi-Fiルーターの「Google Nest Wifi」も相次いで加わったことから、Googleアシスタントを搭載した音声操作対応スマートデバイスへの関心が一段と高くなった手応えがあると秋山氏は語る。

視覚情報が増えるとスマートデバイスとのコミュニケーションが円滑になり、親しみがわきやすくなる。実際スマートディスプレイのユーザーからも「視覚情報が便利」という声や反響が寄せられているようだ。天気や料理のレシピなど、音声情報のみで応答されると内容が頭に入ってこない場合もあるが、目で見える情報があれば、しっかりと頭に入ってくる。例えばクックパッドで検索したレシピも、一番おいしそうに見える写真から選ぶことができ、使い勝手が高まる。

筆者も10インチのスマートディスプレイと聞いて、使ってみるまでは画面が大きいのではないかと感じていた。やや持て余しそうで不安だった。ところが実際に部屋に置いてみたら、違和感がなかった。本体の奥行きが約10.1cmと実はスリムなので、置き場所を選ばない。ファブリック調のマテリアルをあしらったデザインは、自然にリビングルームの景観に溶け込んでくれる。

「Googleのプロダクトデザインは、ハードウェア製品デザイン担当 バイス プレジデントであるアイヴィ・ロスが統括しています。ロスはエレクトロニクス製品だけでなく、ジュエリーにアパレル、おもちゃなど、様々なプロダクトデザインを手がけてきた人物です。グーグルでは、 “シンプル・ユースフル・ビューティフル” というフィロソフィーを大事に製品デザインを手掛けています。既成の価値観を超えたエレクトロニクス機器の新しいデザイン定義が、Nestシリーズには色濃く反映されています」(秋山氏)。

筆者は、Nest Hubシリーズのデジタルフォトフレーム機能がとても良くできていると思う。スマホやカメラで撮影した写真をわざわざデジタルフォトフレームのメモリーにコピーしたり、表示に至るまでの面倒な “下準備” が要らないからだ。Pixelシリーズやその他のスマホで撮影した写真をGoogleフォトに放り込んでおけば、アプリが大事な人物や最近のベストショットを自動で選別しながら、ユーザーのアカウントにひも付けたアルバムの更新情報をNest Hubシリーズが認識し、最新のフォトアルバムを画面に映し出す。

ピントが外れていたり、被写体や構図が重複する写真は自動的に除外してくれるし、Google Homeアプリから「縦向きの写真をペア表示」にする設定を選んでおけば、Nest Hubシリーズの横向きの画面に、縦向きの写真を2つ上手に並べてくれる。時計や気温の情報も写真を邪魔しない位置に配置される。賢く自分で考えられるデジタルフォトフレームなのだ。

■映像・サウンド、ともに充実のNest Hub Max

7インチのNest Hubと比べて、10インチのNest Hub Maxはエンターテインメント系コンテンツの再現力が一段とアップしている。音声操作、またはスマホからのキャスト操作で手軽にYouTubeの動画が視聴できる機能もいいが、なんと言ってもU-NEXTの定額動画配信からお気に入りの映画やアニメを選び、プライベートルームで伸び伸びと楽しめるのが最高だ。10インチの画面サイズは十分に大きいので、2時間前後の映画をまるごと見ても疲れない。

Nest Hub Maxは2基のトゥイーターと1基のウーファーを内蔵して、合計40Wのアンプで駆動するサウンドシステムを搭載する。その音はとても力強く、安定感がある。特に低音再生は7インチのNest Hubよりもさらに重心が低くなって、打ち込みの鋭さと余韻の滑らかさが格段に上回っている。画面からセリフが聞こえてくるような自然な音像定位と、効果音の鮮やかな包囲感などチューニングも丁寧に練り上げられていると感じた。

本機からいったん話題がそれるが、Googleアシスタントを搭載したスマートスピーカーの人気・入門機であるMiniシリーズも、最新世代のNest Miniの音質が飛躍を遂げている。Google Home Miniと仕様は大きく変わっていないのだが、サウンドに一体感と厚みが加わった。Google Home MiniではBGMとして流し聴きしていた音楽を、Nest Miniに切り換えて聴くと真剣に耳を傾けたくなるほど引き込まれる。2台揃えればペアリングしてステレオ再生も楽しめる。

■スマートディスプレイとAndroid TV。それぞれにベストな体験の形がある

スマートディスプレイの “エンタメ力” が充実してくると、Android TVを搭載するスマートテレビとの関係性も変わってくるはずだ。秋山氏は、グーグルではデバイスごとに使用される環境にベストな体験をデザインしているとしながら「スマートテレビは家族が集まってコンテンツを “見る” ためのデバイスであるとすれば、Nest Hubシリーズのスマートディスプレイは “家族が使う” ことを想定している」と説明する。

Nest Hub Maxの特徴は、家族や友人とのコミュニケーションをつなぐデバイスとしても完成度が高いことだ。操作性はスマートテレビより直感的でシンプルだ。特に本体に内蔵されているカメラが重要な役割を果たしている。

グーグルのビデオ通話サービスである「Google Duo」を利用することで、同じNest Hub Maxどうしで、あるいはモバイルアプリのGoogle Homeを相手に無料ビデオ通話ができる。Nest Hub Maxが内蔵するカメラのレンズは127度のワイドレンジを画角の中に収められる。さらに被写体となる人物をフレームの中心位置に自動で配置する追尾機能も搭載する。Nest Hub Maxがあれば、遠くに住む家族とのコミュニケーションが取りやすくなるだけでなく、グーグルのスマートディスプレイが本格的なビデオ会議に使えるビジネスツールとしても注目されそうだ。

そしてNest Hub MaxのカメラとGoogle Homeアプリを使って、外出時に自宅の様子が確認できるライブビュー機能もある。カメラがモニタリングを始めると、レンズの横に配置されたLEDが緑色に点灯して知らせてくれる。さらに物理スイッチを使えばカメラとマイクを一斉にオフにもできるから安心だ。ペットの見守り、あるいはホームセキュリティ用途にも使えるライブビューカメラとしても、Nest Hub Maxは複雑な設定不要で手軽に使いこなせる良いスマートプロダクトだと思う。

■カメラを搭載したことで実現できた新UI「クイックジェスチャー」とは

カメラの前に手をかざしながらコンテンツの再生操作が行える「クイックジェスチャー」も面白い。音声とパネルのタッチ操作に続く画期的なユーザーインターフェースだ。そのクイックジェスチャーが開発された背景とスマートディスプレイに搭載した意図を秋山氏に聞いた。

「グーグルでは音声操作に対応するスマートデバイスに毎度話しかけなくても、自然な動作で情報やコンテンツにアクセスできるユーザーインターフェースを追求しています。Nest Hub Maxに搭載するクイックジェスチャーでは、動画・音楽コンテンツの再生・一時停止やアラーム、タイマーの解除を、カメラに向かって手をかざすだけで操作できます」(秋山氏)。

例えばキッチンで音楽を聴きながら家事をしているときでも、クイックジェスチャーなら、音声操作より素早く再生操作ができる。ジェスチャー操作は闇雲に増やしてしまうと覚えられず、逆に使うのが面倒に感じられてしまう。ジェスチャーUIは、シンプルであることが重要だ。秋山氏もユーザーが心地よく使えるクイックジェスチャーに育てていきたいと述べていた。

Nest Hub Maxが搭載する先進的なユーザーインターフェースは、クイックジェスチャーだけではない。例えば、設置環境に合わせてディスプレイの明るさを自動調整する照度センサーが組み込まれているので、毎回ディスプレイの明るさを調節する手間は必要ない。Nestデバイスのスピーカーとマイクを使う超音波センサーは、デバイスの正面約1.2mの範囲内に人がいることを検知し、近付いた場合に通知を知らせてくれたり、タッチコントロールの画面を自動で表示する。天気情報も、1.2m以上離れていると、遠くからでも文字が見やすいよう大きく表示する。反対に近づくと時間帯別の天気を並べて配置してくれる。

■Googleアシスタント対応のスマート家電が増えている

グーグルのスマートデバイスと足並みを揃えながら、Googleアシスタントから音声操作でリモート操作できる対応家電機器も、徐々に増えている。

筆者の印象では、特に直近1年半の間に、Googleアシスタントに対応する機器の種類が増えたように感じている。例えばグーグルのスマートデバイスから「お湯はり」「追い焚き」「床暖房」を音声で操作できるIoT対応バスシステムをリンナイやノーリツが製品化していたり、シャープのAIoT家電も多くがスマートスピーカーからの音声操作に対応している。日本人の暮らしにフィットするスマートホームの形が少しずつ見えてきた感がある。

Nest Hubシリーズによるスマートホーム機器の遠隔操作は、音声以外にも、ホームビューと呼ばれる、ディスプレイに表示されるコントロールパネルをタッチ操作することでも行える。機器の動作状況を目で確認することもできるので便利だ。グーグルでは、スマートディスプレイならではといえる体験をより充実させるため、開発者向けのAPI「Actions on Google Interactive Canvas」を公開・提供している。インタビューの際に秋山氏がデモンストレーションを紹介してくれた、講談社ディズニーゴールド絵本シリーズ「アナと雪の女王2」の絵本読み聞かせや、懐かしい過去の時代の情報を音声と写真で振り返られる「メモリートラベル」のようなアプリ、サービスが今後増えていくだろう。

Googleアシスタントを搭載したスマートデバイスは、使い続けるほどに、毎日の暮らしを少しずつ豊かにしてくれる。2020年はNestシリーズを中心に、いよいよ日本でスマートホームがブレイクするかもしれない。

(山本 敦)