Pro-Ject、小型/値頃なBOX DESIGNシリーズに新フォノアンプ。「PHONOBOX/ULTRA500」など一挙4モデル

Pro-Ject、小型/値頃なBOX DESIGNシリーズに新フォノアンプ。「PHONOBOX/ULTRA500」など一挙4モデル

ディーアンドエムホールディングスは、Pro-Jectブランドより、コンパクトサイズのボディと手頃な価格をコンセプトにしたBOX DESIGNシリーズの新製品として、フォノアンプ4機種を10月上旬に発売する。

ディスクリートMM/MC フォノアンプ「PHONOBOX/ULTRA500」 60,000 円(税抜)

デュアルモノMM/MC フォノアンプ「PHONOBOX/S2/SL」 30,000 円(税抜)

スタンダードMM/MC フォノアンプ「PHONOBOX/SL」 18,000 円(税抜)

MM専用フォノアンプ「PHONOBOX/MM」 13,000 円(税抜)

■PHONOBOX/ULTRA500

1998年に発売されたProJectのフォノアンプ第一号機「Phono Box」から20年余りを経て、昨年2018年にシリーズ累計出荷台数50万台を突破したことを記念したスペシャルエディションモデル。サイズはこれまでの BOX DESIGNシリーズ同様に超コンパクトでありながら、ずっしりとした重量のある銅製のシャーシを採用し、高周波ノイズをシャットアウトするよう配慮している。また、リアパネル以外のシャーシには特別にクローム・フィニッシュを施した。

サーキットも新設計で、ULTRA500ではオペアンプ ICを使用しないディスクリート回路を採用。またS2同様にデュアルモノの回路構成を採用し、「見通しの良いハイエンドなサウンドも特徴だ」とアピールしている。

入力インピーダンスは10/100/1k/47kΩで、入力キャパシタンスが100/220pF、ゲインは40

/43/50/53/60/63dB。いずれも底面ミニスイッチによる切替式となっている。

サブソニックスイッチは-18dB@20Hzで、出力電圧は500mV/1kHz搭載(入力 : 5mV/1kHz 時)。S/N比は89dB(MM)、高調波歪率(THD+N)は0.00052%、RIAA偏差は<0.4dB(20Hz-20kHz)。外形寸法(端子含む)は103W×37H×119Dmmで質量が700g(ACアダプター含まず)。

■PHONOBOX/S2/SL

Phono Boxシリーズの最新スタンダードモデルという位置づけの製品。小型ながら内部回路はデュアルモノ構成となっており、「ダイナミックで精緻なサウンドステージを表現する」とアピールしている。

シャーシはアルミを使用したサイドイッチ構造で、不要振動の抑制とともに電磁干渉の影響も防ぐよう配慮した構造。上記ULTRA500同様に、入力インピーダンス/入力キャパシタンス/ゲインを底面のミニスイッチで切り替えられるため、どんなカートリッジにも対応可能だともしている。入力インピーダンスは10/100/1k/47kΩ、入力キャパシタンスは100/220/320/420pF、ゲインは40/43/60/63dBから切り替えられる。

サブソニックスイッチは-12dB@20Hzで、出力電圧が500mV/1kHz(入力 : 5mV/1kHz 時)、S/N比が85dB(MM)で、高調波歪率(THD+N)は0.01% (MM)/0.05%(MC)、RIAA偏差は最大0.4dB(20Hz-20kHz)。外形寸法は103W×36H×115Dmmで、質量が570g(ACアダプター含まず)。

■PHONOBOX/SL

「現行のBOX DESIGNシリーズの原点ともいえるモデル」だと同社は説明。「プレーヤーの横に置いてもかさばらない小さなシャーシ、シンプルなデザインと操作性、真のHiFi再生と言えるような高性能のフォノアンプを、というコンセプトを具現化し、大ヒットしたモデル」だとアピールしている。

入力インピーダンスは固定で、MMが47kΩ/120pF、MCが100Ω/120pF。MMゲインは40dBで、MM入力時の出力電圧は300mV/1kHz(3mV/1kHz 時)。MCゲインは60dBで、MC入力時の出力は300mV/1kHz(0,3mV/1kHz時)。

最大出力は9.5V(1kHz)で、S/N比は86dB MM(94dB -A weighted)、高調波歪率(THD)はMM 0.01%/MC 0.05%。RIAA偏差は最大0.5dB(20Hz-20kHz)。外形寸法は103W×36H×109Dmmで、質量は540g(ACアダプター含まず)。

■PHONOBOX/MM

MMに特化したフォノアンプ。最先端の回路技術によってノイズや歪を最小限まで抑えるとアピールしている。アダプターによるDC電源で動作するため、電源回路からノイズの影響を受けることがない点も特徴のひとつ。

入力インピーダンスは47kΩ/120pFで、ゲインが40dB。出力電圧は500mV/1kHz(入力 5mV/1kHz時)、S/N比が88dB(A weighted)、高調波歪率(THD)は<0.04%、RIAA偏差が最大0.5dB(20Hz-20kHz)。外形寸法は107W×30H×75Dmmで、質量は280g(ACアダプター含まず)。


関連記事

PHILE WEBの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索