(株)アイ・オー・データ機器は、PCレスでのCDリッピング操作機能と音楽プレーヤー機能を併せ持つスマートフォンアプリ「CDレコミュージック」を本日リリースした。App StoreまたはGoogle Play Storeから無料でダウンロードできる。iOS 11.0以降、iPhone、iPad、iPod touchに対応、Androidは5.0以上に対応。

CDレコミュージックは、「音楽をスマホ内に溜める」「スマホ内の音楽を聴く」というふたつの要素を、スマートフォンのアプリひとつで実現できるというもの。「音楽を溜めて、楽しむ」アプリだと同社は紹介している。

CDを取り込めるCDレコーダー「CDレコ」や、あらゆるアナログソースを録音できるアナログレコーダー「ADレコ」を組み合わせることで、さまざまな音楽をスマホに入れて、オリジナルのライブラリを構築することができる。iTunesの音楽ファイルや、Androidスマホに保存されている音楽ファイルもすべてアプリ上で管理することができる。

音楽再生機能については、通常再生・停止のほか、早送りや巻き戻し、リピートやシャッフル再生にも対応。歌詞も表示可能で、曲に連動して歌詞の色が変わるので、カラオケの練習にも使用できる。

気分に合わせた自動再生機能を搭載しており、「アーティスト」「ジャンル」「ムード」「ジェネレーション」という4つのモードが選択可能。「ムード」は、現在再生中の楽曲と近いBPM(楽曲スピード)の音源からプレイリストを自動生成しシャッフル再生。「ジェネレーション」は、再生中の楽曲と同じ年代の曲のプレイリストを自動で作成してくれる。

そのほかにも、録り溜めた音源からオリジナルのCDの作成ができるほか、CDJournalのデータベースからアーティスト情報やニュース、過去のディスコグラフィを表示できる「CDブックレット機能」も搭載。また、このアプリで実際に再生されている音楽の回数を集計し、性別、年代、地域でどんな音楽を聴いているかをチェックすることができる。

また、ライブラリのバックアップ機能も搭載。スマホの機種変更や故障の際に、音楽データをDVDメディアにバックアップし、新しいスマホに復元することができる(後日アップデートにてUSBメモリへのバックアップ機能も対応予定)。

なお従来の「CDレコ」アプリユーザーも、「CDレコミュージック」に楽曲データを引き継いで利用できる。