(株)前園サウンドラボは、同社Zonotoneブランドのトップエンドモデル“Shupreme(シュプリーム)シリーズ”新製品として、トーンアーム/フォノケーブル「Shupreme TW-1」、およびリードワイヤー「Shupreme LW-1」を7月中旬より発売する。ラインナップと価格は以下の通り(いずれも税抜)。

●トーンアーム/フォノケーブル「Shupreme TW-1」(1.5m)

・RCA-RCAモデル:100,000円

・ストレート5pin-RCAモデル:85,000円

・XLR-XLRモデル(バランス伝送対応/数量限定):110,000円

・ストレート5Pin-XLRモデル(バランス伝送対応/数量限定):95,000円

●リードワイヤー「Shupreme LW-1」

・4本組:14,000円

「Shupreme TW-1」は、“Shupreme”シリーズでは初となるトーンアーム/フォノケーブル。今年4月に生産を完了した「8NTW-8080 Prestage」の後継モデルとして、同社では「音にシビアなこだわりをもつ、熱烈なアナログ信奉者の期待に応える“Shupreme”の名に恥じぬ会心作」と位置づけている。

超高純度7NクラスCu/高純度無酸素銅PCUHD/純銀コートOFC/高純度無酸素銅の4種の素材を、同社独自の比率でハイブリッドした導体を採用。また、構造は2組の2芯ダブルシールドの外側に、さらに分離させた外環共通シールドを施した「W・T・T・S(Double Twin Core / Triple Shield)構造」を採用。信号アースと筐体を分離させることで、MC型カートリッジの能力を最大限に引き出す完全フローティングによるバランス伝送を可能とし、「MC型カートリッジならではの高純度で優れたダイナミックレンジや空間再現力が体感できる」としている。

「Shupreme LW-1」も“Shupreme”シリーズに初めてラインナップするリードワイヤー。試作と試聴を繰り返して導き出したという独自の比率に基づき、プレミアムメタルの超高純度8NCuを中心に、高純度無酸素銅線PCUHD/純銀コートOFC/高純度無酸素銅を混合したハイブリッド導体を採用する。

コネクターはリン青銅に銀メッキと高性能ロジウムメッキの2重メッキを施し、ハンダを用いない圧着仕上げを行う。同社では音質について「Shupremeと冠した製品のピュアで繊細な精細感、豊かな色彩感の豊麗な描写力、高S/N感」をまるごと受け継いでいると紹介している。