4Kテレビ出荷は前年比2倍超で伸長。JEITAが8月の民生用電子機器出荷実績を発表

4Kテレビ出荷は前年比2倍超で伸長。JEITAが8月の民生用電子機器出荷実績を発表

一般社団法人電子情報技術産業協会(JEITA)は、テレビやオーディオ機器を含む民生用電子機器の8月国内出荷実績を発表。4K(対応)テレビが前年比204.4%となる22万9000台を出荷したことなどを明らかにした。

民生用電子機器の8月国内出荷金額は1,091億円(前年比118.5%)。映像機器は576億円(前年比133.4%)、オーディオ関連機器は65億円(前年比102.6%)、カーAVC機器は450億円(前年比105.7%)だった。

薄型テレビは42万8000台(前年比138.1%)を出荷。サイズ別では、29型以下が6万2000台(前年比100.7%)、30〜39型が9万5000台(前年比108.7%)、40〜49型が14万4000台(前年比148.3%)、50型以上が12万6000台(前年比200.0%)となった。サイズ別構成比は、29型以下が14.6%、30〜39型が22.2%、40〜49型が33.6%、50型以上が29.6%だった。

4K(対応)テレビは22万9000台(前年比204.4%)を出荷し、薄型テレビに占める割合は53.4%となった。出荷金額で見ると342億円で、薄型テレビの出荷金額420億円に占める割合は81.4%だった。

有機ELテレビは出荷数量2万9000台で、出荷金額は86億円。新4K8K衛星放送チューナー搭載テレビは出荷数量19万3000台、出荷金額306億円となった。出荷数量は薄型テレビの45.2%、4K(対応)テレビの84.5%。また出荷金額は薄型テレビの72.9%、4K(対応)テレビの89.6%を占めるまでになった。発売開始からの累計出荷台数は108万5000台、累計出荷金額は1,705億円となった。

新4K8K衛星放送対応チューナーは出荷数量6000台、金額で1億円。発売開始からの累計出荷台数は21万2000台となった。そのほか、ハイブリッドキャスト対応テレビは21万5000台(前年比161.0%)を出荷し、薄型テレビに占める割合は50.4%となった。

オーディオ分野では、システムオーディオは7万2000台(前年比 92.0%)を、スピーカーシステムは6万8000台(前年比 136.2%)を出荷。スピーカーの出荷台数は16ヶ月連続でプラスとなった。

ステレオヘッドホンは56万2000台(前年比 83.6%)を出荷。そのほか、ICレコーダは4万6000台(前年比 79.7%)、ラジオ受信機は8万3000台(前年比 95.5%)の出荷だった。


関連記事

PHILE WEBの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索