Cayin、オーディオボード交換可能なDAP「N6ii/T01」。PCM1792Aデュアル搭載

Cayin、オーディオボード交換可能なDAP「N6ii/T01」。PCM1792Aデュアル搭載

コペックジャパンは、CayinブランドのDSDネイティブ/ハイレゾ対応デジタルオーディオプレーヤー「N6ii/T01」、およびオーディオマザーボード「T01」を、本日9月19日より発売する。価格はN6ii/T01が136,250円(税別)、T01オーディオマザーボードが36,000円(税別)。

N6ii/T01は、オーディオマザーボードの交換が可能であることを特徴とする、同社 “プレミアムDAP” の第二弾モデル。第一弾である「N6ii DAP/A01」ではオーディオマザーボードに「A01」を搭載していたが、今回は「T01」を採用。DACがAK4497から、PCM1792Aのデュアル搭載へと変更されている。

回路はフルバランス構成でデザイン。プレミアムグレードI/Vコンバーターを4基備え、低ノイズ・高精度のデジタルコントロールによるステレオ・アナログボリュームコントローラーを2基搭載。4基のOPA1622を搭載し、並列のヘッドホンアンプ設計とすることで、チャネルごとに530mW(32Ω)の出力を実現した。

出力は3.5mmアンバランスと4.4mmバランス端子を搭載。特別設計の4.4mm - 2.5mmバランスアダプターも付属する。OSにはカスタムAndroid 8.1採用し、Google Playに対応。Cayin MusicアプリとHiBy Musicアプリがプリインストールされる。スマートフォン用HiByMusic Appを利用すれば、スマートフォン側からリモート再生や音量調整が行える。

またダイレクト・トランスポートオーディオ(DTA)機能で、Androidシステムのサンプリングレート変換(SRC)を利用せずに全てのアプリから楽曲再生が可能。内蔵ストレージは64GBで、microSDカードにより最大512GBの拡張ができる。

画面は4.2インチ(768x1280)のタッチスクリーン。5,900mAhのバッテリーを搭載し、3.5mmフォーンアウト時に約8.5時間の連続再生、4.4mmフォーンアウト時に約7.5時間の連続再生が可能。

最大対応フォーマットはDSD 11.2MHz、PCM 192kHz/24bit。BluetoothコーデックはSBC/AACに加え、aptXとLDACをサポートする。Wi-Fi 2.4G/5Gのデュアルバンド対応によりオンラインストリーミングやNAS音源再生も可能。USB-DACとしても機能する。外形寸法は121×70×21mm、質量は約290g。


関連記事

PHILE WEBの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索