ソニーは、ウォークマン「ZX500シリーズ」「A100シリーズ」および「S310シリーズ」をアップデート。最新ファームウェアの提供を開始した。

「ZX500シリーズ」「A100シリーズ」のアップデートでは、Music Center for PCとの接続の安定性向上が図られる。そして「S310シリーズ」のアップデートでは、特定の音楽ファイルが再生できず、本体が再起動してしまう事象が改善される。

なお、ZX500シリーズおよびA100シリーズのアップデートにおいて、Music Center for PCを使っているユーザーは、接続の安定性向上のため、Music Center for PCとWalkmanの本体ソフトウェアの両方を最新バージョンへアップデートするよう案内。「どちらかが最新バージョンでない場合、Music Center for PCへWalkmanを接続できないことがあります」としている。