合同会社地球世界は、同社が取り扱う水月雨(MOONDROP)ブランドの新イヤホン「CHACONNE Balanced Version」 を3月27日より発売する。2.5mmバランス端子モデルと4.4mmバランス端子モデルの2タイプを用意し、ともにオープン価格だが税込で各38,440円前後での実売が予想される。

2019年11月から展開しているインナーイヤー型イヤホン「CHACONNE(シャコンヌ)」のバランス端子搭載モデル。上記の通り「2.5mm Balanced Version」「4.4mm Balanced Version」の2タイプをラインナップする。

端子部以外は従来モデルと同様で、オーディオスピーカーのユニットにも用いられる高性能の外磁型マグネット、および人工衛星やジェットエンジンなどに使用されている液晶ポリマーとポリウレタンラミネートの振動板を採用した13.5mmダイナミックドライバーを搭載している。

サウンドホールはドライバーにあわせて設計。ハウジングはTC4航空機用チタン合金に切削加工を施し、金メッキ黄銅プレートと組み合わせている。またハウジング内には音波反射を大幅に下げるというフロッキング材を使用するとともに、異物の混入を防ぐ防塵ネットも備えた。

ケーブルも独自開発し、素材には4N銀メッキ&6N OCC (リッツ線)を採用する。再生周波数帯域は20Hz - 20kHz、インピーダンスは24Ω±15で、感度は124dB /1mW。質量は30gとなる。

なお、製品名の「CHACONNE」は、バッハの無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ第2番 第5楽章の曲名に由来しているとのこと。「自然なサウンドと洗練されたデザインにこだわり、前代(Liebesleid リーベスライト)の フラグシップフラットヘッドプラグを遥かに超える製品を生み出すために新しいチャレンジを繰り返し、 2年余りの時間をかけて究極の製品が完成した」とアピールしている。