シャープとNECは、現在はNECの子会社であるNECディスプレイソリューションズ(NDS)をシャープの子会社にし、両社の合弁会社として共同運営する契約を締結した。

NDSは、NECグループのBtoB向けディスプレイ事業を担う企業として、液晶ディスプレイ、ビジネスプロジェクター、デジタルシネマを中心とした製品・ソリューションを展開している。今回、このNDSの株式の66%をシャープが取得して子会社化する。NEC側も残り34%の株式を保有し続け、NDSはシャープとNECの合弁会社として存続することになる。また、NDSはNECブランドでの製品/サービス展開を続ける。

NECからシャープに売却される株式数は20,328株で、売却総額は92億4,000万円。取引実行は7月1日を予定している。なお、NDSが海外に持つ現地法人子会社4社も今回の件に伴ってシャープの子会社となる。

シャープでは、「NDS社が欧米事業を中心としたグローバル市場において、シャープが国内市場において強みを持つなど、両社は相互補完の関係にあります。両社商材のクロスセル、両社の高い技術力を生かしたLEDディスプレイや8K+5Gエコシステムなど新規カテゴリーの事業拡大、両社の購買力の活用その他スケールメリットによるコスト力の強化など、合弁会社化により様々な相乗効果が期待できます」と、今回の株式取得の背景についてコメント。

「NDS社をシャープの子会社、かつNECグループとの合弁事業として展開していくことにより、シャープのビジネスソリューション・サービス事業の強化、売上拡大等、当社業績の向上に寄与すると考え、NDS社の株式の過半数を取得することを決定いたしました」と説明している。