専門店「e☆イヤホン」(大阪府大阪市)の提供による、イヤホン・ヘッドホンの週間売れ筋ランキングをお届けします。2020年3月第3週(3/15-3/21)

▽完全ワイヤレスヘッドホン

今週も1位を譲らない強さ、SONY「WF-1000XM3」。3/19発売のJabra「Elite Active 75t」が早くも3位に入った。グリップ力を高めるコーティングに加え、汗などに強い完全防水仕様を採用したスポーツ向けモデル。

1位 SONY「WF-1000XM3」

2位 Noble audio「FALCON」

3位 Jabra「Elite Active 75t」

4位 audio-technica「ATH-CK3TW」

5位 ag「TWS02R」

▽ワイヤレスヘッドホン(オーバーヘッド)

前週に続いて1位は2018年モデルのSONY「WH-1000XM3」が獲得。周囲の騒音を打ち消す逆位相信号の生成精度が従来の約4倍、人の声など中高域ノイズの抑制性能が向上している。

1位 SONY「WH-1000XM3」

2位 SENNHEISER「HD 450BT」

3位 SONY「WH-CH510」

4位 SENNHEISER「MOMENTUM Wireless」

5位 Skullcandy「CRUSHER ANC」

▽ワイヤードヘッドホン(オーバーヘッド)

1位は今週も不動の強さを見せるRazer「Kraken Green」。クリアで深みがありパンチの効いた低音、ワイドなサウンドスケープでディテールを体感でき、厚みを増したパッドなど快適性を高めたヘッドバンドを採用した2019年3月発売のゲーミングモデル。

1位 Razer「Kraken Green」

2位 Razer「Kraken X for Console」

3位 audio-technica「ATH-M20X」

4位 Kingston「Hyper X Cloud Revolver S」

5位 SONY「MDR-CD900ST」

▽ワイヤレスヘッドホン(インナー)

TaoTronics「TT-BH026」が今週も1位を獲得している。上位ランクの中に返り咲き4位のAfterShokz「AEROPEX」。顔に対して30度の傾きになるよう設計された特殊構造で、深みのある低音の再生しながら振動を小さく抑えた、昨年11月発売の骨伝導ヘッドホン。

1位 TaoTronics「TT-BH026」

2位 TaoTronics「TT-BH07」

3位 SONY「WI-C310」

4位 AfterShokz「AEROPEX」

5位 TaoTronics「TT-BH07S」

▽ワイヤードヘッドホン(インナー)

intime「碧(SORA)-Light【2019Edition】」が今週も1位を獲得した。2位に3/20発売のAZLA「AZEL」が早くも登場。音楽ストリーミング環境やモバイルゲームなどの使用に最適化した、高品質ながらライトに使用できる密閉カナル型イヤホン。

1位 intime「碧(SORA)-Light【2019Edition】」

2位 AZLA「AZEL」

3位 final「E3000」

4位 intime「碧(SORA)-2」

5位 SHURE「SE215SPE-A」

▽ポータブルオーディオプレーヤー

今週も1位を獲得したのは昨年12月発売のFiiO「M11 Pro」。DAPとして初めて2.5mm/4.4mm の2系統のバランス出力を搭載した「M11」のアップグレードモデルとして、旭化成エレクトロニクス製のフラッグシップDACチップ「AK4497EQ」を左右独立構成で2基搭載している。

1位 FiiO「M11 Pro」

2位 SONY「NW-A105」

3位 Astell&Kern「SA700」

4位 Astell&Kern「A&ultima SP2000」

5位 SONY「NW-ZX507」