2020年3月度 AV製品 総合ランキング

全国有力販売店の売れ筋データを集計した月間総合ランキングを発表!

※総合順位の後の()は前月順位、末尾の数字は総合ポイントを表します

▽有機ELテレビ

1位のソニー「KJ-55A9G」と2位のパナソニック「TH-55GZ1000」は、前月の4ポイント差に続き5ポイント差と接戦が続く。3位、4位も変わりなく、ソニー「ブラビア」とパナソニック「ビエラ」の強さが目を引くく。

1(1)ソニー「KJ-55A9G」 39

2(2)パナソニック「TH-55GZ1000」 34

3(3)ソニー「KJ-65A9G」 28

4(4)パナソニック「TH-55GZ2000」 22

5(-)東芝「55X830」 17

▽液晶テレビ(50V型以上)

上位4位までの顔ぶれに変化はない。前月1位のシャープ「4T-C50BN1」を3ポイント差で退けて1位にランクアップしたのはソニー「KJ-55X9500G」。昨年11月以来4ヶ月ぶりに首位の座を奪い返した。

1(2)ソニー「KJ-55X9500G」 37

2(1)シャープ「4T-C50BN1」 34

3(3)シャープ「4T-C50BL1」 30

4(4)シャープ「4T-C60BN1」 23

5(-)シャープ「4T-C50AN1」 10

▽液晶テレビ(40V型以上、50V型未満)

前月に続いて1位はシャープ「4T-C40BJ1」。モニター5店中4店で1位、残り1店でも2位とポイントアップした。ダブル4Kチューナーと最新Android TVを搭載するハイコストパフォーマンスモデル。

1(1)シャープ「4T-C40BJ1」 49

2(3)パナソニック「TH-49GX855」 24

3(-)ソニー「KJ-43X8500G」 22

4(4)シャープ「4T-C45BN1」 17

5(-)東芝「40V31」 10

▽BDレコーダー

実売3万円台のパナソニック「DMR-BCW1060」、シャープ「2B-C10BW1」の首位争いに、ソニー「BDZ-ZW1700」が加わり2位にランクイン。4位「DMR-4CS100」と5位「DMR-4CW200」は4Kチューナーを搭載したパナソニックのおうちクラウドディーガ。

1(1)パナソニック「DMR-BCW1060」 28

2(-)ソニー「BDZ-ZW1700」 25

3(2)シャープ「2B-C10BW1」 24

4(-)パナソニック「DMR-4CS100」 17

5(5)パナソニック「DMR-4CW200」 15

▽ホームシアターシステム

頭一つ抜け出した売れ筋トップのソニー「HT-X8500」は、デュアルサブウーファーを内蔵したワンボディタイプのサウンドバー。ドルビーアトモス、DTS:Xにも対応し、Bluetoothで音楽をワイヤレスに楽しめる。実売3万円台。

1(1)ソニー「HT-X8500」 34

2(2)ヤマハ「YAS-109」 26

3(4)デノン「DHT-S216」 20

4(4)ボーズ「Solo5」 17

5(-)ソニー「HT-Z9F」 10

▽ビデオカメラ

ソニーの4Kビデオカメラ「FDR-AX45」が引き続き1位を獲得、2位に13ポイント差をつけた。手持ち撮影やズーム時でもブレない独自の「空間光学手ブレ補正」機能の搭載が大きな特長となる。

1(1)ソニー「FDR-AX45」 39

2(3)ソニー「HDR-CX680」 26

3(4)Go Pro「HERO8 BLACK」 19

4(-)パナソニック「HC-W590M」 13

5(-)Go Pro「CHDHB-501-RW」 10

※全国の有力各モニター店にご協力いただいた、各商品ジャンルにおける台数別の売れ筋ランキングのデータを、1位5ポイント、2位4ポイント、以下、5位1ポイントの要領で得点化。総合ランキングはそれを合計したもので、()内の順位は前月の順位を表します。