シャープは、4K有機ELテレビ「CQ1ライン」を5月23日に発売する。価格はオープンだが、65インチの「4T-C65CQ1」は税抜42万円前後、55インチの「55CQ1」は税抜28万円前後での実売が予想される。

同社4Kテレビのラインナップに、新たに有機ELモデルが追加されるかたち。有機ELパネルの輝度性能を最大限引き出すという独自制御「Sparkling Drive」の搭載により、画面全体が暗い映像には高コントラストで自然な立体感に、画面全体が明るい映像には忠実な階調表現で明るく色鮮やかに描くとしている。また、倍速技術搭載により動きの速い映像も残像感を抑えてクリアに表示するという。

チューナーは地上/BS/CSチューナー各3基と4Kチューナー2基を搭載。4K放送を視聴中に、別の4K放送と地上波放送の2番組同時裏録画が行える(外付けHDDは別売)。HDRは、HDR10、Dolby Vison、HLGに対応する。

8K映像技術を応用した、新開発の4K画像処理エンジン「Medalist S1」を採用。放送やネット動画を高精細映像に変換する「4K Master アップコンバートプロ」、ITU-R BT.2020の色域を豊かに表現し10億以上の色表示を実現する「リッチカラーテクノロジープロ」に対応する。

また、コントラストを緻密に表現するという独自アルゴリズム「スマートアクティブコントラスト」を搭載。映像信号に含まれるシーンごとの輝度分布を解析し、SDR/HDR10/HLGなどのフォーマットに合わせて明暗を描き分けるとしている。さらにCQ1ラインでは、有機ELテレビの輝度性能を最大限に引き出す独自制御技術「Sparkling Drive」も搭載。「スマートアクティブコントラスト」によって処理した映像をベースに、有機ELパネルの特性に合わせて画素ごとに輝度を制御するとのことだ。

音響面では、総合出力65Wの2.1chシステム「FRONT OPEN SOUND SYSTEM PLUS」を搭載する。構成は、2基のトゥイーター(10W)、4基のミッドレンジ(30W)、1基のウーファー(15W)の7スピーカー構成。大容量で薄型のミッドレンジスピーカーBOXを新開発。ツインスピーカーユニットによる高音圧化とバスレフ構造により、「豊かな音域を広範囲に届ける」とのこと。これによりテレビ筐体を薄型化しながらも、音声の聞きとりやすさと臨場感をより高めたとしている。

Android TVを搭載。Googleアシスタントに対応し、リモコンから番組検索や家電操作が行える。リモコンには、YouTubeやNetflix、Amazon Prime Video、ココロビジョンなどのダイレクト起動ボタンを備える。また、AIoTサービスでは、5月下旬から提供される無料アプリ「COCORO HOME VIEWER」に新対応。スマートフォンアプリ「COCORO HOME」と連携したシャープ製AIoT対応家電の情報をテレビで確認 でき、“暮らしを見える化” できるという。

デザイン面では、フルフラットの狭額縁を採用することで、映像画の没入感を追求したとのこと。画面角度を左右計30度調整可能な回転式スタンドを採用する。4系統のHDMIは全て4K HDR外部入力対応で、うち2つはARCにも対応。

外形寸法は65型が144.9W×89.5H×29.0cmで、質量は約34.5kg、55型が122.9W×77.1H×29.0cmで、質量は約28.0kg(いずれもテーブルスタンド装着時)。省スペースで設置できる壁掛け金具も別売で用意されている。