イヤホン・ヘッドホン ランキング by「e☆イヤホン」

2020年 6月7日 - 6月20日

専門店「e☆イヤホン」(大阪府大阪市)提供、イヤホン/ヘッドホン/ポータブルプレーヤーの2Weeksの売れ筋ランキングBEST5をお届けします!

▼完全ワイヤレスヘッドホン

1位 ag「TWS03R」

2位 ag「TWS04K」

3位 SONY「WF-XB700」

4位 SONY「WF-1000XM3」

5位 Noble Audio「FALCON」

今回もまた昨年12月発売モデルのag「TWS03R」が1位に。3位に6月6日発売のSONY「WF-XB700」が早くも入ってきた。重低音を重視した“EXTRA BASS”シリーズ初の完全ワイヤレスイヤホンで、同社完全ワイヤレスイヤホンのフラグシップ機「WF-1000XM3」にも採用している独自の左右同時伝送方式を採用している。

▼ワイヤレスヘッドホン(オーバーヘッド)

1位 SONY「WH-1000XM3」

2位 SONY「WH-CH510」

3位 SONY「WH-CH710N」

4位 SENNHEISER「M3AEBTXL」

5位 Skullcandy「Crusher360」

1位を獲得したのは、2018年10月発売のノイズキャンセリング機能搭載Bluetoothヘッドホン、SONY「WH-1000XM3」。ノイズキャンセリングプロセッサー、DAC、アンプの3機能を統合したチップ「QN1」を搭載し、周囲の騒音を打ち消す逆位相信号の生成精度は従来の約4倍、人の声など中高域ノイズの抑制性能が向上した。

▼ワイヤードヘッドホン(オーバーヘッド)

1位 Razer「Kraken」

2位 Razer「Thresher 7.1」

3位 SONY「MDR-CD900ST」

4位 SENNHEISER「PC 8 USB」

5位 Razer「Tetra」

人気のRazer「Kraken」が前回の2位から“定位置”1位へ返り咲き。ヘッドバンドのパッドが従来モデルから改善された2019年3月発売モデル。同ブランドから2018年2月発売の「Thresher 7.1」が2位に。光デジタル音声入力・USBに対応し、光デジタル端子での接続時はバーチャル7.1chに対応(USBはステレオのみの対応)。

▼ワイヤレスヘッドホン(インナー)

1位 AfterShokz「AEROPEX」

2位 TaoTronics「TT-BH026」

3位 TaoTronics「TT-BH07」

4位 TaoTronics「TT-BH07 MK2」

5位 Plantronics「Voyager Legend」

2019年7月発売のAfterShokz「AEROPEX」が1位に。耳を塞がない骨伝導ヘッドホンで、振動が顔に対して30度の傾きになるように設計されており、従来機種以上に深みのある低音の再生を可能としながら、 振動を小さく抑えている。

▼ワイヤードヘッドホン(インナー)

1位 ALPEX 「HSE-A1000PN」

2位 Razer「Hammerhead Duo Console」

3位 intime「碧(SORA)-Light」

4位 final「E3000」

5位 AZLA「AZEL」

今回も1位を獲得したのは、3/31発売、ピエール中野氏プロデュースによる「HSE-A1000PN」。1月発売のRazer「Hammerhead Duo Console」が2位に。周りの音を遮断してお気に入りの音楽や映画、ゲームを満喫、カスタムチューニングされたデュアル(ハイブリッド)ドライバー技術を搭載したカナル型モデル。

▼ポータブルオーディオプレーヤー

1位 iBasso Audio「DX160 ver.2020」

2位 Astell&Kern「A&norma SR25」

3位 SONY「NW-ZX507」

4位 HIDIZS「AP80Pro」

5位 FiiO「M11」

今回も前回に続き5/22発売のiBasso Audio「DX160 ver.2020」が1位を獲得。1080PのFull HD 5インチディスプレイ採用。精密加工による曲面仕上げのアムミニウムボディはマルチカラーのアルマイト処理が施され、全4色のカラーバリエーションを展開する。