NTTぷららは、ひかりTV番組録画のダビングに対応するブルーレイディスクレコーダー、monblu「HBD-WA10」を7月3日に発売する。価格は42,800円(税込)で、ひかりTVショッピングなどで取り扱う。

船井電機との提携商品として、ひかりTV/ひかりTV for docomoで録画したUSBハードディスク内の番組を、BDディスクやDVDにダビングできるというモデル。同機能内蔵としては、初のひかりTV動作確認済みBDレコーダーとしている。

地上デジタル×2、BS/CS×2のチューナーを搭載。1TBのハードディスクを内蔵することで、地上デジタル放送を約127時間、BSデジタル放送を約90時間録画できる。またひかりTVで録画した番組を録画する場合、地上デジタルを約222時間、専門チャンネルを約277時間分、BSデジタルを約185時間分のダビングが可能。

編集機能を搭載し、フレーム単位でダビングした番組のチャプター区切り、シーンのカットが行える。外形寸法は430W×48H×212Dmmで、質量は約2.4kg。ブルーレイ3Dの再生は可能だが、UltraHDブルーレイには対応しない。

なお、NTTぷららと船井電機は、6月3日に業務提携に合意。NTTぷららの「ネットワーク通信技術や映像配信サービスに関するノウハウ」と船井電機の「長年培ってきた映像技術とグローバルな生産体制」を掛け合わせ、「家庭の生活プラットフォームとなる新しい製品とサービスを提供する」ことが目的だとしている。