TP Visionは、同社が取り扱うPHILIPSブランドより、完全ワイヤレスイヤホンとANC機能搭載のBluetoothイヤホン/ヘッドホン3機種を7月22日から発売する。ラインナップは以下の通り。

・完全ワイヤレスイヤホン「TAUT102」¥OPEN(予想実売価格6,200円前後/税抜)

・ネックバンド型Bluetoothイヤホン「TAPN505」¥OPEN(予想実売価格16,800円前後/税抜)

・Bluetoothヘッドホン「TAPH805」¥OPEN(予想実売価格20,800円前後/税抜)

TAUT102は、φ6mmダイナミックドライバー搭載の完全ワイヤレスイヤホン。Bluetoothはバージョン5.0、プロファイルはA2DP/AVRCP/HSP/HFP、コーデックはSBCをサポートする。連続再生時間は約3時間、ケース併用で約12時間使用できる。

軽量かつコンパクトな設計で、遮音性も高く快適なフィット感を実現するとしている。エコーキャンセル機能付きマイクを内蔵し、操作はタッチセンサー。SiriおよびGoogleアシスタントにも対応しており、片耳だけ使用できるモノモードも装備する。ケースには充電残量を表示するLED目盛りを搭載する。

TAPN505はネックバンド型Bluetoothイヤホンで、アクティブノイズキャンセル機能を搭載しており、連続再生時間はANC機能ONで約9時間、OFFで約14時間となる。急速充電対応で、5分の充電で2時間の再生も可能。

周囲の音を確認できるアンビエントモードも装備。イヤホン部にはφ12.2mmドライバーを搭載し、楕円形のノズルにより耳への確実なフィット性を実現するとのこと。Bluetoothはバージョン5.0、プロファイルはA2DP/AVRCP/HSP/HFP、コーデックはSBCをサポート。

ほか、着信を知らせるバイブレーション機能やエコーキャンセル機能付き内蔵マイクを装備。再生周波数帯域は7Hz - 40kHzで、有線接続時にはハイレゾ音源にも対応する。

TAPH805はφ40mmダイナミックドライバー搭載のワイヤレスヘッドホン。上述のTAPN505同様にアクティブノイズキャンセル機能を搭載し、アンビエントモードにも対応する。連続再生時間はANC機能ONで約25時間、OFFで約30時間。充電5分で2時間再生できる急速充電にも対応する。

ハウジングにタッチコントロールパネルを備え、上下のスワイプでボリューム調整、シングルタップでアクティブノイズキャンセルの ON/OFFが操作できる。

Bluetoothはバージョン5.0、プロファイルはA2DP/AVRCP/HSP/HFP、コーデックはSBCに対応する。またこちらも再生周波数帯域は7Hz - 40kHzで、有線接続時にはハイレゾ音源もサポート。