オウルテックは、ドライブレコーダー「OWL-DR803FG-3C」を発売した。価格はオープンだが、税込36,080円前後での実売が予想される。

“ミスターGT” のニックネームを持つ脇阪寿一氏がプロデュースしたドライブレコーダー。車の前後に加えて車内の様子も記録できる3カメラ仕様を採用する。

フロントカメラはフルHDよりも高解像度なWQHD(2560×1440)の記録に対応。暗所撮影に強いソニー製CMOSイメージセンサー「STARVIS」にF1.4の明るいレンズを組み合わせることで、夜間やトンネル内でもノイズの少ない映像だとアピールする。車内カメラ・リアカメラはSTARVISとF1.8レンズを採用し、フルHDの記録が行える。

3カメラとも、明るい日中や逆光の状態において白飛びや黒つぶれをおさえる「WDR(Wide Dynamic Range)」機能に対応する。そのほか、駐車時に衝撃を感知すると自動的に撮影を開始する「駐車監視機能」をはじめ、プライバシーオート録音機能、録画を音でお知らせ機能、SDカードメンテナンスお知らせ機能なども備える。

取付ブラケットにはGPSアンテナを採用。日本の衛星測位システム「みちびき」にも対応する。フロントカメラの外形寸法は約108W×45H×43Dmmで、質量は約107g。またリアカメラの外形寸法は約57W×56H×28Dmmで、質量は約28g。付属品として、16GBのmicroSD、GPS内蔵ブラケット、約4mのシガープラグコードを同梱する。