日本初のソーシャルなVR SNS「仮想世界ambr」を開発/運営する株式会社ambrは、仮想世界ambrと、Pixiv社が運営する3Dキャラクタープラットフォーム「VRoid Hub」の連携を発表した。

また、仮想世界ambrは、すでに対応済みであるOculus Goに加えて、新たにOculus RiftおよびHTC Viveにも対応。いずれも、2020年春のオープンアクセス時からの開始を予定する。

仮想世界ambrは、VRデバイスからアクセス可能な新しい仮想世界であり、ユーザーはアバターとなってアクセスし、他のユーザーと一緒に仮想世界でのコミュニケーションを楽しむことができるというもの。

VRoid Hubとの連携により、VRoid Hub上にアップロードされた3Dキャラクターモデルを、仮想世界ambrで自分のアバターとして利用できるようになる。なお、利用できる3Dキャラクターモデルには制限がある。