ビーズは、ゲーミング家具ブランド「Bauhutte」の家具を用いて構築する『ゲーミングベッド』を提案する。

ゲーミングベッドは、「ベッドから出てデスクまで移動する、それだけのことがなぜこんなにも面倒なのか?」という疑問を解決する究極のレイアウトと同社は説明。ゲーム、アニメ、食事、睡眠など、ゲーマーにとって特に重要なこれらの活動を、ベッドの上ですべて完結。布団に寝転がったまま、充実のゲーミングライフを満喫できるとし、さらにベッドとデスクをまとめることで、部屋を広く使えるようになる効果もあるとアピールしている。

ベッドにバウヒュッテのゲーミング家具を組み合わせることで、求める機能・予算・部屋のサイズなどに合わせて、自由に作りこむことが可能。シンプルな構成を『スタンダード』とするほか、9つの家具と2つのウェアリングで構成する『アルティメットゲーミングベッド』も提案している。

2020年2月にはゲーミングベッドが構築できる製品として、ベッドデスク「BHD-1200BD-BK」(¥OPEN:予想税抜実売価格31,500円前後)、ロングサイドテーブル「BHT-800S-BK」(¥OPEN:予想税抜実売価格13,500円前後)、ハンガーテーブル「BHT-830-BK」(¥OPEN:予想税抜実売価格24,750円前後)を発売。

BHD-1200BD-BKは足元にワイドモニターやデュアルモニターを設置できるシングルベッド。BHT-800S-BKは電源タップを配すことでベッド横の充電基地としても活用可能。BHT-830-BKに羽織は掛けて、小物類はボックスに入れてスッキリ収納することで、起きてすぐにベッドの上で着替えができるとしている。